読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

HSBC香港 600億円の資金洗浄に関与か

HSBC香港がロシアから流出した600億円の資金洗浄に関与した可能性があるというショッキングなニュースが流れて来ました。www.bloomberg.com

 

本来なら、当時のコンプライアンス基準と、取引に関連する書類やデータに基いて悪意の有無を問われるべきですが、国際政治のバランスの問題に発展することを恐れてか、誰が主体となって、誰を調査対象とするのか、依然不透明なままです。

 

日本では、マネーロンダリング関連のニュースが報じられずに、自分年金のために海外投資が必要で、そのためにHSBC香港で口座開設しよう、という広告ばかりが目に入るのが、残念でなりません。

 

f:id:kaigaihoujin:20170321104535j:plain

海外求人案件 香港法人 電子部品メーカー 営業マネージャー

日系電子部品メーカーの香港法人から、駐在ポジションでの貴重な求人が出ました。

 

業務内容: 日系、台湾系家電、機会メーカーへの営業(新規+既存)、部下管理

募集条件:電子部品業界での営業、購買、あるいは品質領域での経験が15年以上の方

契約形態:パーマネント契約

勤務時間:定時

給与体系:駐在(家賃半額補助)

募集人数:1名

勤務地:香港(日本、中国、東南アジア各国への出張あり)

語学:英語、中国語が堪能な方優先

ビザサポート:あり(ビザすでに保有している方優先)

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20170320150031j:plain

共通報告基準(CRS)について その8 HSBC香港の個人口座をお持ちの方に朗報

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

その昔、HSBC香港に個人口座を開設し、海外積立投資を通して、海外に資産を隠してきた方は、CRS(共通報告基準)の施行により年貢の納め時を迎えております。そもそも含み損が大きく、納めるべき年貢のない方が多数であるという繊細な話題には、別の機会に触れたいと思います。

 

今回書きたかったのは、HSBC香港の個人口座を活用すれば、オフショア法人の口座開設時に、少し有利にことを運ぶことができるということです。

少しコストがかかりますが、また、いつまで通用するか分かりませんが、CRSについて心配のある方は、検討に値する方法があります。

 

CRSが施行されたからといって、納めるべきものをきちんと納めていれば、心配するほどの事務負担は発生しませんので、過剰反応する必要はございません。

とはいえ、なれない分野で心配になる気持ちも理解できますので、詳しく知りたい方がおりましたら、メールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

数千円~数万円支払えば都合のいい願望がすべて、すぐに叶うと考えている方、および一銭も払わずに情報取得や面談を試みる方は、恐れ入りますが、他の利用者の方のご迷惑になりますので、ここでお引き取りください。

 

f:id:kaigaihoujin:20170302135024j:plain

オフショア法人と知的財産権 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

前回は、知的財産権の海外移転による節税方法に対して、政府が先回りして対策を打ったと書きました。

しかしながら、オフショア法人が活用できるのは、知的財産権のからみで言えば、何も国際税務の分野に限った話ではございません。知的財産権そのものを守るために、あるいは逆に権利が曖昧なものをより有利かつ安全に活用するために、オフショア法人を活用する余地は大いにございます。

これは各オフショア法域が当初から想定していた活用方法ではないのですが、賢くて抜け目ない人たちのスキーム開発によって、オフショア法人の可能性がまた一つ広がりました。

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

ただしこの内容はコンサルティングサービスにあたりますので、まずは何かしら法人を設立されるか、口座を開設することで、弊社お客さまとなっていただき、その後、有料で情報提供させていただきます。

知的財産権に興味があるので、内容をまず聞いてから、効果があると納得して初めて法人を設立する、というのは無しです。何卒ご理解いただきますようお願い致します。

 

f:id:kaigaihoujin:20170105150010j:plain

海外法人の閉鎖手続は超重要です。その4

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

海外法人の経営に失敗すると、これ以上の出費を避けるために、残ってしまった法人の更新費用や閉鎖費用を踏み倒そうとされる方が出てきます。この習性は、ブログ経由のお客様かどうかにかかわらず不変のようです。

思いつく言い訳もマニュアルが存在するのかと思うほど似たり寄ったりで、最後はかならず、悪いのは管理会社側なのでこれ以上支払う必要がない、でも管理会社で保管している個人情報や法人情報は必ず削除してくださいと来ます。

 

オフショアの法律とルールを活用して利を得ようとするなら、オフショアの掟に従わなければなりません。法人放置に対して手も足も出ない代行業者なら、法人設立時に閉鎖用の保証金を確保されるかもしれませんが、弊社の場合、閉鎖保証金をいただかない代わりに、法人放置には、オフショアの法律とルールを最大限活用して、対応させていただきます。

 

お客様の契約違反によって契約が終了したからといって、管理会社として情報保護の義務がなくなるわけではありませんので、情報がすぐに第三者に渡ることはございません。それがせめてもの救いといえなくもないですが、そのような話題に触れなければならない時点で、詰む一歩手前の状態だと言うことを、認識しなければなりません。

 

オフショアでのゲームオーバーは、オフショアだけで完結するわけではございません。海外法人の経営がうまく行っていない方はご注意ください。

 

と、ブログに書いてみたところで、ご自身のその後の人生よりも、数万円、数十万円を踏み倒したほうが得だと考える、すでにお客様ではなくなった方々に、その声が届くはずもないのですが。

 

この記事が、新しく海外法人の設立を検討される方にとって、ご自身が海外法人を活用するにふさわしい人格と資産と商才を備えているかどうか、海外法人を活用してメリットが本当に出るのかどうか、慎重に考えるきっかけになればと思います。

お客様であった方が、海外法人を活用したばかりに凋落していく姿を見るのは、お金を頂いたとしても、楽しいものではございませんので。

 

それでもなお、海外法人を設立して前に進んでみようと思われた方は、ぜひともサポートさせていただきますので、メールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20170302010630j:plain

オフショア法人と知的財産権

知的財産権を安価で海外子会社へ移転し、商業化後、低税率国で収益を上げる方法に、財務省が待ったをかけました。www.nikkei.com

 

グローバルIT企業が多用している手法ですが、税務リテラシーの低い日本企業は採用がまだこれからというタイミングでしたので、トータルで見れば、今回は先回りした政府に軍配があがりそうです。

 

f:id:kaigaihoujin:20170310104243j:plain

中国でビットコインの取引所からの引き出し停止が延長されました。

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

中国で、ビットコインの取引所からの引き出し停止が、コンプライアンス改善を理由に、延長されました。

www.bloomberg.com

 

中国非居住者が中国で仮想通貨へ投資するなら、値上がりを期待する意味でも、便利な送金手段を確保する意味でも、ビットコインに比べてもっといいアプローチがあります。

 

詳しくはメールよりお問い合せください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20170101134347j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング