海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

タックスヘイブンからデータヘイブンへ その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 海外法人を利用して、契約主体の形式について匿名性を高めるだけでなく、契約内容や取引実態まで匿名性を上げるにはどうすればいいのでしょうか。 契約内容や取引実態は、電子媒体を介して作られますので、ずばり…

タックスヘイブンからデータヘイブンへ その1

タックスヘイブンにある海外法人は、伝統的に、法人登記の詳細を不明確にする方法で、あるいは、登記情報開示の条件を上げる方法で、経営者やオーナーの匿名性を確保してきました。 それゆえ、脱税やマネーロンダリングの温床と国際社会から批判を受けてきま…

海外法人と仮想通貨 その9

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 昨年11月から今年1月にかけて、FXから相当数の個人投資家が仮想通貨に流れ込みましたが、その直後に相場が崩れ、3月下旬から4月上旬にかけての谷を超えたあたりから、仮想通貨で投資の面白さに目覚めた初心…

海外法人の法人口座開設は本当に難しいのか その7

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 前回の記事から1ヶ月経ちましたが、万全の準備を期しても、無念の審査落ちとなるケースが出始めております。とくにゴールデンウィーク中は申請者数と合格枠のバランスが崩れて、各社ともに成功率が低下した模様。 …

モーリシャス法人 その3 アフリカ投資へのゲートウェイ

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ アフリカの経済勃興は、中国、インドの商人たちのみならず、バイアリティある日本人の関心をも引き寄せつつあります。 海外法人サポートセンターでは、直接投資、間接投資問わず、いくつかのアフリカ案件を通して、…

海外投資にHSBC個人口座は必要か その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ HSBC香港に個人口座を開設したけれど、海外投資の結果がふるわず、したがって口座も放置されている方がかなりの数にのぼると思われます。 そういった方を対象に、近い将来、本格的に顧客選別がなされていきますので…

海外求人案件 香港勤務 保険会社 法人営業

kaigaihoujin.hatenablog.com 日系保険会社の香港法人から、法人営業職の求人が出ました。 業務内容:香港に進出する日系既存顧客のフォロー、部下管理など 募集条件:損保業界で5年以上営業経験のある方 契約形態:パーマネント契約 勤務時間:定時 給与体…

海外法人の法人口座開設は本当に難しいのか その6

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 1ヶ月と経たないうちに、香港での口座開設に求められる英語力のハードルがまた一つ上がりました。 事前準備は依然として翻訳ソフトや代行業者を活用することができますが、面接において、YES/NOや挨拶、自己紹介、…

共通報告基準(CRS)について その10 CRS対策も本格的に始まります

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ CRSの運用が本格化の一方で、タックスプロモーターたちの決死の研究開発により、CRS対策も本格的に始まりました。 依頼主に焦点を当てて、国籍や居住地を変えるアプローチや、資産に焦点を当てて、その種類や所在地…

海外移住のススメ-ポルトガル

海外法人サポートセンターでは、正式にポルトガルの不動産投資、永住権取得が可能な黄金ビザプログラムのサポートを開始いたしました。 アメリカやカナダ、そしてニュージーランドの投資移民プログラムよりも、投資額や語学、滞在期間などの点で審査条件が緩…

海外法人の法人口座開設は本当に難しいのか その5

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 海外法人の口座開設全般について最後に書いたのが2016年8月ですので、あれからすでに1年半が経ちました。 この間、香港とセーシェルでは大きな会社法の改定があり、それに伴い、香港の銀行と主なオフショア…

海外法人と仮想通貨 その8

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 法人設立のタイミングと利益確定のタイミングの調整が難しい時期ではありましたが、確定申告が一段落し、海外法人界隈も以前の落ち着きを取り戻しつつあります。 うまく海外法人を活用して節税できた方、 間に合…

場所にとらわれない働き方

オフショア法人を設立される目的が、実業、投資、節税の3つのバランスだとこれまで書いてきましたが、若い経営者の中には、結果としてこの3つの目的を達成するが、主目的が場所にとらわれない働き方だという方が少しずつ出てきました。 もともとオフショア…

香港法人 その13

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 2018年3月から4月にかけて、香港の会社法、税法でいくつか重要な改定が行われます。マネーロンダリング防止の観点から、法人登記の透明性が主要オフショア法人と同レベルまで高まり、不自然な送金・取引に対…

貧しくなる日本をどう生き抜くか その7

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ www.bloomberg.co.jp 英大手人材が、日本、中国、香港、シンガポール、マレーシアの5カ国・地域で3,000以上の賃金データを収集し、2月9日に発表した調査によると、日本では企業幹部の年収が中国など東アジア諸国…

香港法人 その12

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 香港法人をお持ちの方で、行政手続に関心の強い方なら、すでにご存知かもしれませんが、香港法人の登記は、登記局で行なう法人登記の他に、香港税務署で行なう商業登記があります。これは、いわば香港法人の税務番…

香港法人 その11

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ これまで香港法人の記事を10個書いてきましたが、実は数ある香港法人の形態の内、その汎用性の高さから、有限公司の中の、私人公司という器についてのみ説明してきました。 しかしながら、少しの期間だけ海外移住す…

プエルトリコでの口座開設

CRS(共通報告基準)から少しでも距離を置きたいという出発点から、プエルトリコでの口座開設を検討される方が増えています。 プエルトリコ(Puerto Rico)は、カリブ海北東に位置するアメリカ合衆国の自治的・未編入領域であり、コモンウェルスという政治的…

アメリカ法人 その5 アメリカ投資にどの器を使うべきか

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ アメリカ投資する際に、株式会社(C-corp)にすべきか、有限会社(LLC)にすべきかという相談をしばしば受けます。 アメリカの株式会社は、日本の株式会社と同じく、構成員とは別に法人格を持つため、各構成員の責任は…

マカオ法人とカジノ その12

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 数ある海外法人の中で、メジャーにはならないが決してニーズが途絶えないマカオ法人。 マカオのカジノ産業が従来のイメージから脱皮して、観光やソーシャルゲームといった、よりライトなエンタメ産業への歩み寄る中…

パナマ文書について その16

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 世間的には昔話になったパナマ文書ですが、海外法人の利用者で、法人名や個人名が出た方は、昨年につづき、今年も申告漏れの対応に追われ、そして未来永劫つづく税務調査に頭を悩ませています。 www.asahi.com 名前…

共通報告基準(CRS)について その9 2018年から運用が本格的に始まります

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 今年から、OECD主導の金融口座自動的情報交換制度(CRS)が日本や香港で始まり、海外の口座情報が日本の国税庁に自動的に送られるようになります。 昨年中頃から、香港の各行でも新規口座開設者と、既存口座保有者…

海外法人と仮想通貨 その7

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 海外法人と仮想通貨の親和性が急速に高まっていることについて前回書きました。 昨年下旬の主要仮想通貨高騰と、直近の国税庁の動向のせいか、数倍に膨れ上がった含み益をどのように確定すべきかという問い合わせ…

銀行口座のないオフショア法人 その1

オフショア法人は、法律上、社会的活動を営む組織体として権利・義務の主体となることが、認められています。 契約書は、当事者間の権利義務関係を定めるものですので、オフショア法人は、契約書の当事者になることができます。 これは銀行口座の有無とは関…

海外法人の登記住所

海外法人の利用者が気にされないが、登記代理店はじめオフショア業界で実は気にされているのが登記住所です。 登記住所には、単に法人を登記している場所という形式的な意味の他に、ブランド力と、情報セキュリティの実利が伴っています。 ブランド力は、特…

海外口座と相続問題 その8 長期化する相続難民生活

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 新年、明けましておめでとうございます。 いいニュースからご報告させていただきたかったのですが、実は、昨年の財政改定により相続税、贈与税に頭を悩まされる方が増えております。 これまで被相続人及び相続人/贈…

海外法人と仮想通貨 その6

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 仮想通貨業界の変化・発展は目まぐるしく、前回の記事から半年も立たないうちに、海外個人口座だけでなく、海外法人口座による取引環境が整ってきました。 投資商品としての仮想通貨と海外法人の親和性はここ数ヶ月…

海外法人の決算のタイミング

数ある海外法人のうち、投資や節税の器であり、かつ決算が必要なのは、シンガポール法人、香港法人、マカオ法人、そして条件つきでイギリス法人に限られます。 繰り返しお伝えしてきたことですが、決算があるということは、一見面倒にみられがちですが、政府…

面談の価格 その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ お客様であったとしても面談は受け付けておらず、ましてやお問い合わせ頂いたばかりの一見の方のご要望には到底応えられないと幾度にわたり書いてきましたが、最後の告知から1年あまり経っておりますので、再度そ…

海外投資にHSBC個人口座は必要か その2

kaigaihoujin.hatenablog.comz 前回の続き⇒ HSBC香港で個人口座を開設してから、口座開設業者や、香港IFA、銀行、あるいは日本人がやっっている投資顧問会社を通して、海外積立保険(オフショアファンド)やハイイールド債に投資された方は多いと思います。 …

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング