海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

楽をするための努力

楽をするためには、楽できる仕組みを作る努力が必要です。 海外法人でいえば、最初に作るときだけ、時間と資金を投入するも、 そこで息切れしてしまって、 メリットを享受する前にドロップアウトする方が少なく有りません。 海外法人も日本法人同様に、法人…

日本からスムーズに海外送金するには その4

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き→ これまで、銀行の顧客管理厳格化の背景と管理手法について説明してきました。これから、リスクが高い顧客に分類されてしまったがために、海外送金がしにくくなった場合にどうすればよいか説明します。 顧客クラスの…

【売却案件】セーシェル法人 SE00002020

ameblo.jp 久々に公開案件が出ました。本年3件目の案件になります。 法人登記国:セーシェル共和国(IBC)設立年月:2012年2月法人状況:活動中法人口座: ①マカオ②シンガポール(いずれもATMカード・インターネットバンキング有) 口座利用履歴: 20…

日本からスムーズに海外送金するには その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき→ 国際機関の審査対応のために、昨年の秋に、日本政府から金融機関へ、海外送金の管理強化の指示があったと前回書きました。 管理というだけでは曖昧ですので、端的に言えば顧客管理になります。 顧客管理の第一歩…

日本からスムーズに海外送金するには その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき→ 今回はなぜ日本国内から海外送金するのが急速に厳しくなったのかについて説明します。 一番大きな原因は、昨年10月に、世界各国の資金洗浄対策を審査する国際組織「金融活動作業部会(FATF)」が、日本の金融機関の…

日本からスムーズに海外送金するには その1

マネーロンダリング対策の大義名分のもと、 日本国内から海外への送金が日に日に厳しくなっております。 元々海外取引が多く、金融機関と関係の太い大企業は比較的マシですが、 それ以外の中小企業と個人による海外送金については、 送金理由を示す資料の提…

個人投資家が得をする海外投資 その21 香港IPOとナスダックIPO

ナスダック総合株価指数が過去最高値を更新し、初めて1万台に乗せたり、 アリババにつぐ中国オンライン小売2位のJD.comがナスダックに加えて、 香港でのダブル上場で4,000億円以上集めたりと、主要新興市場に熱気が戻っております。 www.nikkei.com www.blo…

パラダイス文書について その1

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 2016年のパナマ文書につづき、2017年にはパラダイス文書と呼ばれるタックス・ヘイヴン取引に関する1000万件以上の文書群が国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)によって公表されました。 内訳は以下のとおりです。…

ますます重要になる文書管理 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 情報登録と文書管理が強化されても、 オフショアの匿名性が脅かされることはないと前の記事で説明しました。 それどころか、情報登録と文書管理の強化によって むしろ逆に、情報と資産の守秘性があがって来ておりま…

【業務連絡】海外法人もロックダウン解除へ

5月に入ってから、世界的にロックダウンの解除が進められております。 弊社がサービスを提供するオフショア法域におきましても、 欧州の一部を除いて、法人登記も、銀行口座開設も、付随サービスも すでに平常どおり、稼働を再開しております。

【買収案件】オフショア法人 OF00012020

ameblo.jp 今年2件目の公開買収案件です。 法人登記国:不問(セーシェル、サモア、ベリーズ、BVI等の一般的なIBC)設立年月:3年以上法人状況:活動中(休眠期間ありも可) 法人口座:あり(法域不問、ATMカード・インターネットバンキング有)口座利用履歴:凍結や犯…

起業は必ず一点突破から

起業したばかりのころは、 安定して売上を確保することが何よりも大事なことを痛感し、 起業前におこなった市場調査や事業計画なんてそっちのけで、 単発で付加価値の低い仕事でも見境なく受注を頑張ってしまう方を見受けます。 頭ではこのままでは、時間ば…

固定費がかからないビジネスの罠

新たに起業するビジネスを選ぶ基準として、 次の4つがあげられることは有名な話です。 ①小さい資本で始められるか、 ②少ない在庫で始められるか ③利益率は高いか ④定期的な収益をもたらすか インターネットで調べれば、詳しくたくさん出てきます。 ここで注…

保護貿易時代の関税プランニング その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 関税プランニングを行う目的は輸出向けのコストを下げることであり、 必ずしも輸出向けの価格(売価)を下げることではありません。 輸出向けのコストは、物流関連コストと反ダンピング関連コストが上乗せされる…

海外法人活用例 その7 タクシー広告ビジネス

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ オフショア法人は国際ビジネスをスムーズに行うために設計された器です。 ビジネスの本質はリソースの整合です。 そのため、国際的にリソースを整合させるのに、 オフショア法人を利用するのは有力な選択肢になり…

景気後退局面で試される企業の底力

新型コロナウイルスによるロックダウンの経済へのダメージは計り知れません。 程度の差こそあれ、影響を受けない業界はないのではないでしょうか。 多くの企業が、配当金削減、支払い猶予延長、一時営業停止などでキャッシュフローを確保してこの不況を乗り…

海外ノマド必見:海外法人を設立する前にチェックすべき3つのポイント

弊社のお客様でも増えている海外ノマド、 リスクを取って自分の人生を掴もうとしている方が 遠回りしないように応援したいので、 海外法人を設立する前にチェックすべき3つのポイントをまとめました。 ①都合よく租税回避できると考えていないか 節税はたし…

オフショア法人のコーポレート・ファイナンス その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ オフショア法人名義で非居住者が銀行融資を受けるのは、実質的に無理だと前回書きました。 しかしながら、そのオフショア法人のオーナーである非居住者もどこかのオンショア法域に居住し、何かしらの形でそのオンシ…

キャピタルゲイン益金不算入とキャピタルロス損金不算入

世界的な金融プラットフォームのある法域では、 しばしば投資収益を課税対象外とする法制度を取っています。 株式の配当、キャピタル・ゲイン(投機でないもの)、 認可銀行の預金の利子分に税金がかからず、 俗にキャピタルゲイン非課税と呼ばれています。 …

パッケージ販売:オフショア法人+シンガポール口座

香港よりも先に非居住者の口座開設が厳しくなったシンガポールですが、 弊社ではこのたび、郵送だけで口座開設できる大手銀行と関係構築ができました。 BVI法人、セーシェル法人、ベリーズ法人のように 法体系が成熟したオフショア法人なら、書類要件さえ満…

個人投資家が得をする海外投資 その21 渡航不要の積立投資は本当にメリットか?

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 香港の保険商品を契約する際、信託会社を通すことで 日本にいながらにして郵送で契約できるスキームがあります。 日本在住の日本人が直接契約するのではなく、 IFAが設定する信託会社を保険の契約者にして、 被保険…

個人投資家が得をする海外投資 その20

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 昨年のデモに続き、コロナウイルス感染が 香港の観光業に大きな傷あとを残しています。 www.bloomberg.co.jp しかし、こうした一過性の事件は、 世界一の保険業を有する香港の地位を揺るがすものではありません。 …

海外法人のクレジットカード その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 海外法人のクレジットカードは、 必ずしも銀行口座がなければ作れないわけではありません。 仮想通貨はもちろんのこと、 香港法人、シンガポール法人、イギリス法人のような 国際的に信用の高い海外法人であれば、 …

東欧 生まれ変わる旧共産圏 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 東欧諸国の経済再生の歩みと足並みを揃える形で、弊社も業務を拡大してきました。 2020年3月時点で提供している主なサービスは以下のとおりです。 国ごとの制度と器の使い勝手が分かってきましたので、 実業と投資…

海外銀行口座がいらないビジネスモデル

海外法人で事業するにあたって、海外銀行口座開設に頭を悩ませる方は多いですが、 本当にその事業は銀行口座がないとできないものなのでしょうか? 貿易、製造、証券取引のように様々な理由から、信用を重視するビジネスではどうしても銀行口座が必要ですが…

海外法人の閉鎖手続は超重要です。その8ー海外法人と海外口座を作る前に考えておくべきこと

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 最初は投資なり、実業なり、節税なり、使いみちを想定して 海外法人と海外口座を作ったはずが、 思惑どおりに事が運ばず、数年もしないうちに、 審査書類作成の手間と毎年の固定費だけかかるお荷物に 成り下がって…

コスタリカ法人 その5

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 久々にコスタリカ法人設立のサポートを行ないました。 コスト優位性のあるコスタリカに法人を設立し、 カリブ海の某国でオフショア銀行口座を開設し、 南米向けに日本の健康食品を通信販売するビジネスです。 すべ…

レンタル住所の格付け③

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ レンタル住所について相談が一番多いのは、海外法人の住所証明が必要になったときです。 このとき一番はじめにすべきことは、どんな住所の証明が必要かを提出要求元に確認することです。 オフショア法人の場合、登…

【買収案件】オフショア法人 OF00002020

ameblo.jp 今年1件目の公開買収案件です。 法人登記国:不問(セーシェル、サモア、ベリーズ、BVI等の一般的なIBC)設立年月:1年以上法人状況:活動中 法人口座:あり(法域不問、ATMカード・インターネットバンキング有)口座利用履歴:凍結や犯罪調査さ…

個人投資家が得をする海外投資 その19 韓国エンタメ業界への投資

kaigaihoujin.hatenablog.com 海外法人サポートセンターで海外投資案件をご紹介させていただく際は、原則として、節税の一環としての投資、節税コストを抑えるための資産運用の文脈を踏まえた形となっております。 投資仲介に重きをおいたビジネスモデルにす…

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング