読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

余談

中国による爆買いはまだまだ進みます。

www.bloomberg.com 中国の海航集団がドイツ銀行株の持株比率を10%とし、筆頭株主に躍り出ました。 ここ10年、食品、繊維、資源、産業機器、自動車等の分野で中国による爆買いは世界中で進められてきました。 金融分野でそれがどこまで広がるかが、中国…

近くて遠い海外法人

海外法人と聞くと、まずは香港法人やシンガポール法人といった金融センターを思い浮かべる方が多いと思います。 少し詳しく調べたことのある方なら、セーシェル法人やBVI法人といったオフショア法人を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。 タックスヘイ…

銀行が倒産するとき

海外銀行のコンプライアンスが厳しくなったと嘆く方は多いと思いますが、そのような方は銀行倒産の最悪の事態を経験したことがないのかもしれません。 銀行が倒産するということは一部政府保証分を除き、預金は消えてしまいます。そして銀行倒産は重度の社会…

海洋国家としての中国、そしてインド

過去500年に渡り海洋国家が世界の覇権を握ってきました。 大陸国家が覇権を握ったのはモンゴル帝国で最後になりますので、大陸国家である中国が、海洋にも影響を及ぼしながら覇権を握ろうとしているこの時代は、世界史上の重要な転換点あって、我々は大げさ…

誠意とは何か

社会には秩序が必要であり、オフショアの世界では、純然たる文書主義と金銭至上主義の徹底がそれにあたります。そのためオフショア法人についてのトラブルを解決するには、往々にして、たくさんの書類とたくさんのお金を準備しなければなりません。敗戦処理…

情報にお金を払わない風潮

日本市場で仕事をする際に、ひしひしと感じるのが情報にお金を払わないという風潮です。 良質な判断を行なうためには、良質な情報が必要です。オフショア法人を設立すべきかどうか判断するためには、オフショア法人をどのように使えばどのような効果が出るの…

海外法人設立代行業者はどこへ消えた?

HSBC香港の前で列をなす日本人グループが姿を消す中、乱立していた海外法人設立代行業者や口座開設サポート業者も、あらかた姿を消しました。 しかしこの世界には運命というものがあるようで、HSBC香港の前で列をなしていた日本人グループが国境を超え、業界…

人工知能と海外法人 その1

AI(人工知能)技術のビジネス領域への応用が着々と進められております。 www.bloomberg.com どのくらい先の話になるかは分かりませんが、海外法人業界においても、弁護士、会計士、銀行業務の多くをAIがこなす日が来るでしょう。 元々大した仕事をしていな…

共通報告基準(CRS)について その7

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 共通報告基準(CRS)の実施によって、海外法人をうまく使えなければ、准富裕層は負け組になると書きました。では、勝ち組になるのは誰なのでしょうか。 富裕層には優秀なタックスプロモーターや士業のアドバイザー…

情報引き抜きの代償

本ブログ経由で海外法人のお問い合わせいただく際、興味本位の冷やかしや、無料でできるだけノウハウを貰おうという意図を感じることが多々あります。インターネットの匿名性ゆえか、ビジネスマナー違反をしても逃げ切れると考えているのでしょう。 このよう…

共通報告基準(CRS)について その6

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 共通報告基準(CRS)の実施により、非居住者の口座情報は居住国政府へ自動情報交換されるようになります。日本居住者の場合、たとえば海外法人名義で香港やシンガポールで開設した銀行口座や証券口座の情報は日本政…

個人投資家が得をする海外投資 その14 保険商品の買い方

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 香港の大手保険会社およびIFA各社は、昨年末にあった中国駆け込み需要の事後処理で忙しくしております。 高級ホテルで開催される投資セミナーやディナーイベントに参加されている方、また証券マン崩れのIFA仲介業者…

よくわかるマイナンバーと海外口座 その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ マイナンバー制度は納税者番号制度ですので、海外資産を国に管理されやすくなるが、ルールを守る限り詐欺に遭うことはないので、ある種のセーフティーネットとしての役割も果たすと書きました。 が、それはあくまで…

センター試験の季節

今年のセンター試験は歴史的な大雪の中で行われているそうな。 傍には1月の風物詩がいつもより彩られて感じられますが、当事者とご家族にとっては気の毒な話です。多くの受験生にとって、人生の方向性に与える影響が大きい試験なだけに、悪天候に負けず、力…

貧しくなる日本をどう生き抜くか その5

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ ブログをはじめて1年以上が過ぎましたので、お客さまのほうでも、海外法人活用の効果が出始めています。 特に当初から一定の資産を保有し、かつ精度の高い仮説をもって海外法人を設立し、すぐに仮説を実行に移せた…

海外法人サポートセンター5万アクセス記念特典!!

おかげさまで海外法人サポートセンターのブログが5万アクセスを突破しました。 これを記念して、本日から1月末までにセーシェル法人、イギリス法人、香港法人を設立いただいた方に限り、香港の保険商品に関する情報を半額でご提供いたします。 自分年金に…

海外法人サポートセンター 祝400記事

海外法人サポートセンターのブログを書き始めた当初は、年間100記事を目標としておりましたが、気がつけば本記事で、404番目の記事になっておりました。 部分的に内容が重複していたり、情報が少し古くなってしまったものも出てきました。労をとってご指摘い…

海外法人と仮想通貨 その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ いつの時代も、最先端の技術を採用するのは詐欺師です。仮想通貨についても同じで、黎明期には、法整備が追いつかない間に、一稼ぎして逃げ切ったプロたちがいました。 そしてときが流れ、市場も成長期半ばに差し掛…

面談の価格 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 私がお客さまと面談しないことは、前回書きました。とすると、逆に私が仕入先と会っているのか、という質問が湧いてくるのは至当であります。 これについては、お互い代理人を立てて間接的にコミュニケーションを取…

面談の価格

海外法人サポートセンターは事務所を公開せず、私が直接お客さまと面会することもございません。仕事の過程で、弊社スタッフや弊社の仕入先と面会する機会は出てくることもあるかと思います。 では、仕事がさらに進むと、弊社の事務所が公開されたり、私がお…

日本人に相談されないこと

海外法人サポートセンターのブログは、日本人や日本語が分かる外国人の読者を想定したものですので、おかげさまで、かなり幅広い層からお問い合わせを頂いております。 逆説的に捉えれば、日本語が分からない方からの問い合わせがないということになりますが…

新しい世代の海外法人の攻めの使い方 その1

海外法人サポートセンターはいいお客様に恵まれ、お客様に育てられたおかげで、今日があります。これはブログを書き始める前も、書き始めた後も変わらないことです。 一方、ブログを書き始めて変わったこともあります。それは、新しく出会ったお客様の殆どが…

海外法人をはじめるときのマインドセット 補足

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 今回は、より実践的なマインドセットについて書きます。 5.絶対勝つという闘志 海外法人を設立することはお客様にとっては新たな船出です。しかし船を漕ぎ出した先には、海外法人を活用してそれぞれの分野で栄光…

貧しくなる日本をどう生き抜くか その4

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 金持ちがますます金持ちになり、持たざる者がますます富を失う二極化が進む中、海外法人への規制が厳しくなったために、海外法人をある種の裏技として使い、成熟・硬直した社会構造を打破して豊かになれる人が今後…

海外法人サポートセンターの環境保全活動

海外法人サポートセンターは、某オフショア国周辺の海洋環境保全活動への寄付活動を始めることになりました。 寄付の形式をとった法人税や相続税の節税ではないかと邪推される方もいらっしゃるかもしれませんが、純粋な寄付です。 飢饉や難民などの人権問題…

よりよいアドバイスを得るために

お客様から状況のヒアリングをさせていただく際に、自分を大きく見せようとする方に出くわすことがあります。半ば見栄から、半ば弊社と有利な条件で仕事を進めたいからそうされるのだと思いますが、残念ながら、これはお客様にとってマイナスの結果を生む可…

海外法人には魔物が棲みついています。

世間はハロウィンの時期になりましたが、海外法人には年がら年中、面倒な魔物が棲みついています。 その魔物の名は「慢心」です。 海外法人を設立される方は、好奇心とチャレンジ精神が旺盛で、能力も高い方が多いですので、積極的に海外法人の知識を吸収し…

香港法人 その9 決算があることの最大のメリット

前回:香港法人 その8 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ 香港法人は各種税制、条約および決算を駆使してすれば、十分に節税メリットを得られると書きました。事業の器としても、投資の器としても、節税の器としても、非常にバランスがいい海外法人と言え…

貧しくなる日本をどう生き抜くか その3 自分年金よりも大事なこと

前回の続き⇒kaigaihoujin.hatenablog.com 国による富の再分配が進められているにも関わらず、金持ちがますます金持ちになり、貧乏な人がますます貧乏になる二極化が進んでいることは、論を俟たないでしょう。 (公式の統計データ、論文などは各自で辿ってく…

貧しくなる日本をどう生き抜くか その2

前回の続き⇒ kaigaihoujin.hatenablog.com 貧しくなる日本を飛び出す勇気を持った若者にも、海外法人という武器を、弊社は提供してきました。金持ちが使うものだったオフショア法人が量産されるようになり、コストも下がったため、多くの人の手に届く値段で…

貧しくなる日本をどう生き抜くか

新しい産業が生まれることなく、失われた20年も終りが見えない日本で、貧しさを実感することが増えました。 もちろんこれは統計データにも現れております。GDPが今や中国の半分しかなく、国民当たりGDPは上位から程遠い順位にあります。若者に限れば目も当…

コンサルティングと営業の違い

近年コンサルティング営業という言葉が流行っておりますが、コンサルティングと営業は異なると私は考えております。 コンサルティングの本質は、お客さんへ気付きと、複数の解決案を提供することです。一方、営業は、手持ちの商品を販売することです。販売の…

情報提供のジレンマ

海外法人に関する問い合わせを受ける際に、お客さんが知識不足から非常に安易で、リスクのある判断をされようとしていると感じることが多々あります。 そこでお客さんを諌めたい気持ちが当然に湧き上がるわけですが、具体的な知識を提供して理由を説明するの…

シンガポールは本当にクリーンなのか

シンガポールは、居住者である富裕層への優遇措置が厚く、実際に生活環境も非常に快適ですので、移住に適した国と言えます。そして、政策的にきな臭いビジネスをする非居住者向けのオフショアサービスを展開しておりません。シンガポール法人は、居住者向け…

雑感 海外法人に選ばれるお客さん、選ばれないお客さん その2

前回:雑感 海外法人に選ばれるお客さん、選ばれないお客さん - 海外法人サポートセンター の続き⇒ 公益性を提供するためにブログを書き始めたわけですが、実際にお付き合いさせていただいている方は昔の変わらず、フェアでかつ配慮があり、小さいお金にこだ…

雑感 海外法人に選ばれるお客さん、選ばれないお客さん

海外法人サポートセンターのブログを立ち上げて10ヶ月が経ちました。 この10ヶ月間に、みなさまからお問い合わせ頂いたおかげで、本当にさまざまな方とやり取りをする貴重な経験ができました。 その中で強く感じるようになったのは、やり取りをする方の…

香港法人 その6 インド流 香港法人の使い方

前回:香港法人 その5 パワープレーに耐えうる大きな器 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ その昔、両方ともイギリスの植民地だったせいか、香港には多くのインド人が居住しています。しかしながら、インド系住民が定住し、2世、3世になって、広東語し…

モーリシャス法人 その1 地上最後の楽園

インド洋の貴婦人と呼ばれるモーリシャスは、 世界で二番目に空気が澄んでいて、大自然と大都会の両方があり、要求の高い観光客に鍛えられてサービスレベルも非常に高い、世界有数のリゾート観光地です。 その昔、モーリシャスは、イギリスとインドを結ぶ貿…

海外口座と相続問題 その4

前回:海外口座と相続問題 その3 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ 相続税案件におけるクライアントファーストは、法人税案件と少し意味合いが異なります。というのも、相続税案件におけるクライアントは法的には依頼主個人ですが、実際は、クライアント…

日本に残るのはつまらないという風潮

日本は保守的で、落ち目で、弱者に厳しい社会なので、終身雇用のレールに縛られず、個人が海外で挑戦すべきだという主張があります。 聞こえはいいので、現状の打開策を見出したい方の心に響くものがあるかもしれません。しかしながら、成功の定義を客観的に…

海外法人活用例 その4:オンライン広告ビジネスによる逆転満塁サヨナラホームラン

前回:海外法人活用例 その3:日系アパレルブランドのアジア展開 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ 日本でちょっとしたトラブルに巻き込まれ、軽犯罪を犯したとして社会的信用をすべて失った方のサポートをさせていただいたことがあります。 日本で再就…

香港法人 その3 - 香港現代史 香港法人と三国貿易

前回:香港法人 その2 香港近代史~香港返還 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ 前回の記事よりかなり間があいてしまいました。今回のテーマは中国返還以降の香港についてです。 香港は中国返還以降、大陸の製造業発展を支える貿易センターとして大きな役…

独立話 その3 - 海外法人サポートセンター時代

前回:独立話 その2 - 黒子税務コンサルタント時代 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ これまでに繰り返し書いてきたことですが、海外法人サポートセンターとしてブログを書くようになった理由は、オフショア技術の公益性を高めることです。 お金持ちか…

人生観を変えるインド・天竺スキーム

インドは世界有数の高税率国で、日本以上に複雑な税制を持っていることは実はあまり知られておりません。 人口が多く、その地域では比較的発展している、発展途上国は、一般に税金が高い傾向にあります。社会インフラを作りあげていくには、膨大な収益が必要…

180億円の弁護士費用

先日、弁護士費用総額が180億円に達した収賄事件の、被告側弁護士と話す機会がありました。 その時の話題で興味深かったのが料金体系。 弊社のアドバイザリーサービスは、着手金、中間提案報酬、最終提案報酬、成果報酬の4段構成ですが、その弁護士の方…

【高額】海外法人パッケージ詐欺【ご注意ください】

一個人だけでなく、業界の健全性・イメージを損なうような詐欺被害について相談を受けましたので、この場をお借りして皆様に注意を促します。 以前書きました、HSBC香港での口座開設詐欺と比べて圧倒的に規模が大きく、一度の被害額が非常に大きいものとなり…

パナマ文書について その6

前回:パナマ文書について その5 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ パナマ文書を対岸の火事とばかり思っておりましたが、リークされてから3週間あまりが経ち、すこしこちらまで火の粉が流れてきました。 そのせいで、今日は少しドタバタすることになっ…

海外法人サポートセンターの経営コンサルティングサービス

弊社は、海外法人を弊社で設立されたお客様へ、経営コンサルティングサービスを提供しております。 弊社の経営コンサルティングの本質はオペレーション戦略にあると思っています。この場合のオペレーション戦略とは、取引先を含めた業務連鎖の標準化と、節税…

祝 20000アクセス

前回:祝200記事 長いようで短かった三ヶ月 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ いつも本ブログをご愛読いただき、ありがとうございます。 みなさまのおかげで、本日、海外法人サポートセンターのブログが20000アクセスを超えることができました。…

パナマ文書について その4

前回:パナマ文書について その3 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ 今週、パナマ文書について、ある全国紙に記事を載せる機会を頂きました。 いろいろな方からのコメントを、国際税務に知見のある記者さんが複数人で編集しておりますので、私のコメント…

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング