読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

中国でビットコインの取引所からの引き出し停止が延長されました。

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 中国で、ビットコインの取引所からの引き出し停止が、コンプライアンス改善を理由に、延長されました。 www.bloomberg.com 中国非居住者が中国で仮想通貨へ投資するなら、値上がりを期待する意味でも、便利な送金手…

海外法人と仮想通貨 その1

2016年の5月下旬に仮想通貨法が可決(1年以内に施行)されてから、仮想通貨、ビットコイン界隈が忙しく動いております。 www.japantimes.co.jp この法案によって、仮想通貨が実質的に通貨と公的にみなされることになりました。日本国内では、金融庁の監督の…

【祝300記事】海外へ資金を移動させる方法 その2

前回:海外へ資金を移動させる方法 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ 高止まりする円と長引くマイナス金利は、海外投資に取り組む千載一遇の好機です。 みなさま様々な金融商品について勉強したり、資金を必要としている将来性のある事業を日頃から探され…

よくわかるマイナンバーと海外口座

昨年下旬より、日本の居住者全員にマイナンバーが付番され、今年の1月から社会保障や税の手続き、そして海外送金の際にかならず記載が求められるようになりました。 そして海外に在住している日本人が、日本国内でそのままにしている口座に海外から入金する…

海外から資金を日本に戻すには その2

前回:海外から資金を日本に戻すには - 海外法人サポートセンター の続き⇒ このブログの読者の方には、お金を海外に出したり、海外から日本にお金を戻したりするのが大変だと感じている方が多いと思いますが、大人の事情によって大変になるルールがわざわざ…

規模の経済が働かない世界

どんなビジネスでもそうですが、案件の規模が大きくなると、発注額が大きくなるわけですから、お客さん側は当然、値引きを期待します。固定費が製品・サービスの数量に分散されて単価が安くなるべきという論理的な理由と、発注額が大きいのだから利益率を少…

海外から資金を日本に戻すには

ときどき、海外にある資産を日本に持ち帰りたいのですが、どうしたらいいのかと質問を受けることがあります。 1.投資や実業があまり儲からなかったから海外から撤退する 2.最初はちょっと海外に資産を隠そうとできごころで始めてしまったけれど、法律が…

オフショア法人への融資 その2

前回:オフショア法人への融資 - 海外法人サポートセンター の続き⇒ オフショア法人の法人口座が開設できても、銀行は基本的に融資をしてくれません、ということを書きました。これはデメリットであるかのような口調で。 しかし何事も両義的ですので、これが…

インド地震への寄付

インド・ミャンマー・バングラデシュ国境付近で非常に痛ましい地震が起きました。 jp.reuters.com 同じ地震大国の日本人として、自分自身や自分の組織で支援できることは確実にしていきたいと思います。

中国で過去最大の地下銀行摘発

中国で最大の地下銀行組織が摘発されたようです。 首謀者は香港でペーパーカンパニーを複数持ち、無免許の銀行として運営し、汚職資金のマネーロンダリングを大々的に、組織的に行なっていたようで、反腐敗政策の徹底により摘発を受けました。もちろん、取引…

海外へ資金を移動させる方法

以前に国際送金法に関する記事で、目的はさておきバレないように海外送金するには送金しないのが一番いいと書きました。 ここでビットコインなど仮想通貨を用いて口座間の数字を操作すればいいのではないかと考えられた方がいるかもしれませんが、残念ながら…

世界初 ビットコインだけの銀行が設立される

Dimitry Voloshinskiyという方が世界初のビットコイン専門の銀行をバヌアツに登記しました。サービスは100%オンラインを通して提供されるとのこと。 techcrunch.com バヌアツは先進国の租税回避の温床となっているタックスヘイブンではありません。 また…

料金所には監視カメラがついています

個人輸出入をされておられる方から海外法人設立の相談をうけることが、大変多くなっております。 おそらく、インターネットでカンタンに調べられたのだと思いますが、こういった方から、 ○香港法人やシンガポール法人を設立すると日本への納税が減るのか ○日…

国外送金法

銀行等の金融機関から海外に100万円を超える送金を行う場合、銀行は氏名、住所、金額、送金目的、口座番号等を取扱い金融機関所轄の税務署に対して国外送金等調書を作成して提出しなければなりません。 海外に投資するときは、一般的には海外送金額は100万円…

本ブログの目的

このブログは、積極的に海外に出ていく意欲のある方が無駄な遠回りをせずに、海外法人についての基礎的な知識、海外ビジネスについての基本的な考え方やヒントを吸収できるような内容を書こうと考えています。 一見分かりやすい業界にも怪しい人がいるように…

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング