読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

香港法人 その1

香港法人 業者選び 業界のことについて HSBC香港

海外法人設立代行業者が提供しているサービスで一番多いのが、香港法人の設立+HSBC香港での法人口座開設ではないでしょうか。

これを専業で行なっている業者も数多くあります。

(逆にたとえば英国系オフショア法人専業の設立代行業者は、なかなか見かけません。)

 

海外法人=香港法人、海外資産運用=HSBC香港 とステレオタイプになるほどの、確たるイメージができあがっています。

 

一方で、どうしてこの組み合わせが一番多いのか、深く考えたことのある方は少ないのではないでしょうか。

 

基本的にロングセラー商品やサービスは

需要の質と量=供給の質と量

というふうに関係が保たれているので、理論的な

香港法人×HSBC香港の組み合わせも、お客さんにとっても、業者にとっても”快適である”はずです。

 

まずお客さん側にとってのメリットですが、端的に言えばバランスの良さです。

○香港法人

実業にも、投資にも、節税にも活用がしやすい、方向転換もしやすい

設立・更新手続き、費用の負担が大きくない

毎年決算の必要があるが、裏返せば、決算によって法人の信用が他のオフショアに比べて圧倒的に保ちやすい

 

○HSBC香港法人口座

銀行としての信用がオフショア銀行に比べてダントツである

インターネットバンキングが使いやすい

各種(為替、送金、出金)コストが安い

口座開設で渡航の必要があるが、裏返せばトラブルが起きた時、渡航して解決できるほどの手間しかかからない

 

つまり香港法人は、オンショア法人としての信用がある一方、やり方次第でオフショア法人のような利便性も兼ね備えさせることができる万能選手といえます。

 

では、業者としてのメリットはなんでしょうか。

以前にも書きましたが:

海外エージェントとの直接取引について その2 - 海外法人サポートセンター

海外法人サポートサービスは、現地の設立代行エージェントと、日本側のアドバイザーの協業によって成り立っています。

 

香港の場合、地理的な・また文化的な近さから現地のエージェントと日本のアドバイザーが、他のオフショアに比べて結びつきやすく、時差もほとんどないため、コミュニケーションがスムーズに行えることがあげられます。

要は連携がうまく行きやすい、相性がいいのです。

 

イメージしてください。

アフリカの得体のしれない片言の日本語を話す代理業者や、分厚い資料で理論武装した早口で英語を話す会計士よりも、日系メーカーや日系の貿易会社で10年働いたのち、香港法人設立代行業を10年行なっている、日本語がある程度話せて、日本の文化にも理解のある香港人のほうが、信用できそうですし、うまくいきそうな気がしませんか?

日本側のアドバイザーも日本のお客さんと同じ心理なのです。

もちろん、アドバイザーはお客さんと違って、基本知識を身につけ、きちんと現地エージェントを選定しなければいけないのは、いうまでもありませんが。

 

次回は、香港の歴史について書きたいと思います。

セーシェルに続き、re第二弾です。

歴史が分かったほうが、純粋に物語を楽しめますし、現在の制度への理解も深まって一石二鳥だと思うのは私だけでしょうか。

 

f:id:kaigaihoujin:20151123165153j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング