読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

HSBC香港+α 口座開設銀行の選び方

HSBC香港 UOB銀行 オフショア銀行 恒生銀行(ハンセン銀行) 業者選び 業界のことについて 永亨銀行 海外法人活用法 法人口座 個人口座

HSBC香港での口座開設メリットをうたうサポート会社はたくさんあります。

マルチカレンシー、よい為替レート、豊富な投資商品などなど、日本の銀行と比べればメリットがたくさんあるのは確かです。日本の銀行と比べれば、です。

 

一方で、採用凍結、賃金アップの凍結を決めたHSBCが、強まるマネー・ロンダリング規制と下がり続ける日本人顧客の客単価の下で、すぐに口座開設を容易にするとは考えられません。

また、個人口座、法人口座問わず、初めて口座開設される方の多くは、預金額/取扱額が大きくなく、投資商品をどんどん買い足せるわけでもない、つまり銀行を儲けさせられないお客さんですから、特別扱いで簡単に口座が開設されるのはあまり期待すべきではありません。

 

ではどうすればいいのか。日本人が多くHSBCを使っているから、という理由でHSBCにこだわる必要はありません。

香港にはHSBCだけでなく、英系、米系、中華系、ローカル系でプレゼンスのある銀行がたくさんあるわけですから、そのとき新規顧客の獲得に力を入れているところで口座開設すればいいのです。

口座の機能は基本的に同じですし、銀行、担当者の強みと口座開設者の方向性がうまく合えば、口座の使い勝手は、何も考えずにHSBCで開設した時に比べ、断然良くなるでしょう。

 

考えるための材料は私がお渡し致します。どの銀行で口座を開設することがお客さんにとって一番メリットがあるのか、一緒に考えていきましょう。

 

そういえば、香港法人一社につき、法人口座を一つまでしか持ってはいけない決まりはございませんよ。

 

いま、何気に、大事なことを書きました。この記事を最後まで読んでいただいた方で、初めてそのことを知った方は非常にラッキーです。ぜひとも、この情報を活用してください。

 

f:id:kaigaihoujin:20160204172305j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング