読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

シンガポール法人は誰のためのものか

シンガポール法人 香港法人 DBS銀行 UOB銀行 初めての方にオススメ 海外法人活用法

香港法人との対比でこれまでシンガポール法人を書いてきましたが、今回はシンガポール法人単体で扱いたいと思います。

 

シンガポールの法人税率は最高17%で、多くの企業では軽減税率の適用やタックス・プランニングの努力により、10%前後に収まっております。

 

東南アジア諸国へのアクセスが非常によく、金融関連の法体系・運用も成熟しているため、東南アジア投資にあたってシンガポール法人の設立はいつも有望な選択肢となってきました。

しかしこれは5年前の話であって、多くの方にとってシンガポール法人が必ずしも最善の一手でない場合が増えてきました。

 

その理由はずばり、シンガポール法人はシンガポール居住者のためのものであって、もはやオフショア居住者のものではないからです。

 

非居住者法人の場合、各種税金の減免対象にならないだけでなく、他のシンガポール法人との取引についてシンガポール政府は強く介入してきます。東南アジア投資にあたって、他のシンガポール法人と取引することが多々ありますので、政府と納税額の調整をする事態は避けられません。

 

オフショア法人では一般的な、オフショア取引なら政府は関与せず、というスタンスとは逆に、シンガポール政府は強く関与してきます。最初から自由ではなく、洗練されたルールの中での自由という考え方です。

 

もちろんこの考え方はシンガポール法人の非居住者法人だけでなく、居住者法人にも適用されます。

しかしながら、居住者法人と非居住者法人のランニングコストの違い、優遇措置の違い、非居住者法人の自由度の少なさを考えれば、やはりシンガポール法人は、シンガポール居住者が、貿易、金融などルールが確立された業界で、シンガポール外に向けてビジネスされるときに活きる器だと言えます。

 

f:id:kaigaihoujin:20160802232241j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング