読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

会社秘書役の重要性 その2

会社秘書役 海外法人活用法 初めての方にオススメ オフショア法人 ウェブ活用法 業者選び 業界のことについて

前回:会社秘書役の重要性 その1 - 海外法人サポートセンター

の続き⇒

 

書類管理において海外法人・オフショア法人の法律を熟知している秘書役を選ぶ必要があると書きました。

 

この書類管理と並んで重要なのが、情報管理です。

オフショア法人の登記国が定める書類の管理以外の顧客情報をどのように管理するのかは、依頼主と海外法人設立サポート会社との間の取り決めになります。

 

知識量が不足しがちな依頼主側は細かな管理についてうまく秘書役に指示が出せないため、情報漏えいが起きないことを祈りながら、信頼できそうな業者に仕事を出すのが一般的です。

情報漏えいについて、第三者の検閲・監視に対して、やりとりの中身をすべて暗号化している会社秘書役は一見できそうです。しかしながら、それだけでは用をなさないことをパナマ文書が証明しました。

 

暗号化よりもむしろ、そもそも検閲や監視に耐えうるスキームの設計、情報アクセス権の設定、情報漏えい経路ごとの対策・事前準備がはるかに重要になります。

こういった地道で直接利益にはならない領域の作業を、残念ながら多くの秘書役は行なっておりません。お金を多少かけて安易な暗号化を行なってくれるだけでも、良心的な秘書役と言えるかもしれません。

 

海外法人の設立を検討するとき、コストだけでサポート会社を選ぶのではなく、情報管理も評価軸に加えられる方が増えてほしいという思いで、この記事を書きました。

 

f:id:kaigaihoujin:20160726002026j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング