読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

香港法人 その7 香港法人を使って香港で法人口座を開設する

前回:香港法人 その6 インド流 香港法人の使い方 - 海外法人サポートセンター

の続き⇒

 

弊社は今のところ法人口座開設サポートの成功率は100%です。香港、シンガポールはじめ、オンショア・オフショア各国での口座開設はすべて成功しています。

しかしながらこれは、どのような法人についても確実に口座開設を保証することを意味するものではありません。

 

たとえば有名どころのオフショア法人であるセーシェル法人やベリーズ法人の香港での口座開設は煽り抜きにして、ことしの8月以降非常に厳しくなっております。

なので、どうしても香港で法人口座が必要な場合、 お客さんの事業形態や財務状況が許せば、香港法人での口座開設を勧めております。

香港法人は香港に登記しており、決算も必須で透明性が高いですので、当然に、香港での口座開設のハードルは、オフショア法人のそれに比べて下がることになります。

お客様に何かの作業をコミットいただいたり、妥協いただいたりすることで、かろうじて100%の成功率を保っている状況です。

 

しかしながら、妥協を抜きにしても、オフショア法人でないと展開が難しい事業でなければ、香港法人を登記して香港で口座を開設するのは悪くない選択です。香港へ投資したり、特定の商品郡を貿易したりするケースなどはこれに当てはまるピッタリな例です。

決算がネックだと感じられる方もいるかもしれませんが、香港の会計制度は日本のそれよりも節税の柔軟性は高いため、慣れてしまえば難しい話でも面倒な話でもありません。

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20160914121209j:plain 

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング