海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

海外投資

20代からの海外資産運用 その4 金融ハブとしての香港とシンガポール

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 海外投資を行う上で、「どこに投資するか」だけではなく「どこから投資するか」も意識する必要があります。投資元の法規制や金融インフラ次第で、選べる商品もかかる費用も全然違ってくるからです。 日本居住者、…

ついにインド上場株の時価総額が香港を抜く

www.bloomberg.co.jp ブルームバーグによりますと、インドの取引所に上場される株式の時価総額合計は22日の取引終了時点で4兆3300億ドル(約641兆円)に達し、香港の4兆2900億ドルを上回ったとのことです。 すでに世界で人口最多のインドは、コロナ以降不…

成功し続ける怖さ

優秀な経営者が晩年になって大失敗するようなニュースがあとをたちません。 どれだけ本人が気をつけようとも、環境や成功ファクターの変化に鈍感になりますし、 周りもイエスマンがどんどん増えて軌道修正の機会を逸してしまいがちです。 「成功し続ける怖さ…

20代からの海外資産運用 その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 20代の海外資産運用は、ただでさえ投資経験が少ない中で、実態がつかみにくい海外でおこないます。感情に振り回されて大きな損失を出さないための注意点をいくつか書きます。 1.リスク分散 投資した商品が下が…

オフショア銀行の作り方①オフショア銀行とは?

毎年数件オフショア銀行を開設したいという問い合わせを受けます。 単純に儲かりそうとか、他の事業との相乗効果を狙いたいみたいな経済的な動機もあれば、世界平和のためとか独立国を作りたいみたいな、弊社の能力の範囲を大きく超えるものまであります。 …

20代からの海外資産運用 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 20代から海外投資を始めてみたいけれど、何から手を付けたらいいか分からない方が多いと思います。 結論はトライ・アンド・エラーで、自分なりの勝ちパターンを作るしかないのですが、遠回りしないために、抑えるべ…

続く円安、個人投資家による外貨買いが追い風に

www.bloomberg.co.jp 年初から対米ドルで11%下落した日本円。より利回りの高い商品を目指して、個人投資家による海外投資が増えております。 海外口座を開設して、積極的に海外の金融商品を探すセミプロ層に加えて、国内NISA口座から、外国株式および外…

オフショア金融ライセンス取得のすすめ その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき→ オフショア法人で金融ビジネスをする場合は、必ずライセンスを取得しなければなりません。ライセンスを取るには手間暇費用がかかりますが、ライセンス無しで事業した場合のデメリットを回避できるだけでなく、さ…

年金積立金の運用収益が2023年4-6月+9.49%と過去最高を更新

年金積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(以下、GPIF)の発表によりますと、2023年4-6月期(第1四半期)の運用収益は18兆9834億のプラスとなり、四半期ベースでの過去最高益を更新しました。国内外の株高が寄与し、運用収益率はプラス9.49%と…

オフショア金融ライセンス取得のすすめ その1

オフショア法人は規制が少ないといえど、 金融ビジネスをする場合は、必ずライセンスを取得する必要があります。 投資助言、証券売買、先物契約、為替FX、投資運用、 両替、電子決済、カード発行、ファクタリング、リース、預金業務など、 事業内容に応じて…

世界で一番住みやすい都市に大阪がランクイン

イギリス、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが発表した世界で住みやすい都市ランキングによると、1位はオーストリアの首都ウィーン、カナダ、オーストラリア、スイスの主要都市が続き、10位に大阪がランクインしました。 安定、ヘルスケア、文化と…

ドイツ当局、配当税還付を利用した不正株取引で初の有罪判決を得る

ドイツの検察当局は、配当税還付を利用した不正株取引で初の有罪判決を得ることができました。 配当支払い日の直前に株を海外の投資家に移管して配当税の支払いの減免を受ける 海外の投資家は配当支払いの時期に株式を保有し、徴収された配当税の還付を受け…

香港法人 その18 コロナ後の優位性再確認

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ コロナ規制を完全撤廃した香港に人とカネが押し寄せています。 ここでは、香港法人のビジネスインフラとしての優位性を再認識していきます。 事実① 香港は世界的に法人設立場所として選ばれている 人口700万人に対…

個人投資家が得をする海外投資 その25 どこまで商品情報を提供するか

kaigaihoujin.hatenablog.com 海外法人サポートセンターでは、特定の金融商品の紹介は原則として行なっておらず、 お客様が快適に海外投資するためのスキームやインフラを提供することにフォーカス しており、金融商品を紹介して、成約時にキックバックを受…

海外法人活用例 その8 貿易ハブを活用した途上国への事業投資

kaigaihoujin.hatenablog.com 発展途上国の多くは、海外との貿易を通して豊かになる必要がある一方で、自国通貨と政局安定のために、厳格な為替管理(外貨と資本の流出管理)をしばしば導入しています。 企業誘致優遇制度に惹かれて日本から直接事業投資をす…

時は金にならない、リスクは金なり。

「時は金なり」(Time is money)ということわざがある一方で、 持たざる者の「時は金にならない」という残酷な現実があります。 財産を持てる者は、それを使ってより多くの富を自分自身に対しても社会に対しても 創出できるので、有限の時間は非常に高価な…

【高配当】海外積立投資詐欺【ご注意ください】

騙す側も騙される側も世代交代が一巡したのか、海外積立投資詐欺がまた増えてきました。舞台はヨーロッパと香港です。 集客の段階では、海外ファンドや海外FXに100万円から1000万円を投資すれば、毎月配当がでて、年利で50%ー100%になる、税金もかからない、…

2023年の為替相場は円高基調で始まる その2

kaigaihoujin.hatenablog.com つづき→ 7ヶ月ぶりに1ドル128円台へ円高が進みました。 日銀による円マイナス金利政策の修正が近く、 米国消費者指数の伸び鈍化から高い利上げペースが鈍化すると市場は予想しており、 金利幅の縮小から円高基調がつづきそ…

2023年の為替相場は円高基調で始まる

www.bloomberg.co.jp 1月3日の外為市場で、一時1ドル=130円を割り、円は対ドルで約半年ぶりの高値を付けました。 昨年9月から10月にかけて、1ドル145円から150円前後で仕込めた方の中には、利益確定の円買いと外国株買いの動きが出始めています…

中国本土がついに入国隔離を撤廃

中国国家衛生健康委員会は 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、海外および香港・マカオ・台湾から中国本土に入る際に義務付けていた集中隔離措置を、2023年1月8日より撤廃すると発表しました。 入国時のPCR検査は実施せず、渡航者は出発前 48 時間以内…

香港、ついに入境者の行動制限を廃止

香港政府は海外からの入境者に対する3日間の行動制限の廃止を発表しました。昨日より入境者はバーやレストランの利用制限がなくなり、追跡アプリの使用義務付けを取りやめになりました。 jp.reuters.com 旅行業界団体によると、インバウンド客の数は、クリ…

海外債権回収代行・ファクタリングサービスを開始します。その6

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 2017年頃から資金を集め始め、2019年に一度経営難に陥るも、コロナ隠れ蓑にしてこれまで延命してきた東南アジア某国への投資案件がようやく綻び始めました。この案件への投資者の総数は把握しているだけでも200名以…

20代からの海外資産運用

資産形成の道筋が見え始める30代から、資産保全の集大成を準備する60代の方が多い中で、20代の若い夫婦のサポートをさせていただく機会がありました。 共働きで世帯年収は1000万円弱、子供はおらず、上の世代から継承される目立った資産はない状態。保険は日…

個人投資家が得をする海外投資 その24 複数の金融口座を持つメリット

kaigaihoujin..com 前回のつづき→ 技術革新と不断の開発努力で、個人投資家の方が海外口座を持たなくても、安い手数料で多様な金融商品に海外投資できるソリューションを前回紹介させていただきました。これから海外投資を試してみたい 今回は逆に複数の海外…

オフショア・ファンドの組成

出資者が1名から複数名の場合、オフショア法人(国際事業会社)は海外投資の器として十分ですが、出資者が5名以上でメンバーの入れ替わりが考えられる場合、オフショアファンドを組成したほうが、高い運営効率を期待できます。 具体的には、例を上げるだけ…

富裕層の世代交代とマーケティングのコミュニティ化

成長するファミリーオフィスとの競争に負けまいと、 プライベートバンクが富裕層の子息の囲い込みに力を入れています。 www.bloomberg.co.jp ステータス、資産保全、そして匿名性に強いニーズを持つ従来の富裕層と異なり、 資産継承を受ける子世代は、社会的…

暗号通貨ファンドへの資金流入 その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の記事から3週間ほどたち、主要な暗号通貨がさらに20%ほど上昇しました。 7月半ばから1ヶ月で30%ー80%の回復です。 弊社は、海外送金、取引所口座開設、銀行口座開設、収益の現金化など、取引におけるすべての…

暗号通貨ファンドへの資金流入 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の記事から10日もしないうちに、主要な暗号通貨が20%ー50%上昇しております。機関投資家の動きが市場に与える影響が大きくなっていると感じます。 暗号通貨取引所アカウントや決済アカウントは、銀行口座と比べて比…

暗号通貨ファンドへの資金流入

これまで半年で半分に下がった暗号通貨相場ですが、 底打ちと見て資金流入の兆しが見られます。 機関投資家を中心に相場のトレンドが反転するまで慎重を期した動きです。 個人投資家においても、単に様子見するのではなく、 キャッシュポジションを海外に移…

株安下で急速に進む円安は、海外投資のチャンス? その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き→ 前回の記事から2ヶ月と経たないうちに、1ドル=130円台と20年ぶりの円安水準に下落しました。この間、ドル収益を海外で受け取るための口座開設、そしてドル建ての債券や投資案件に関する問い合わせが激増しており…

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング