海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

香港返還20周年です

香港が英国から中国に返還されて7月1日で20周年になりました。

記念式典の中で、香港が中国の物であること、そして、中央の権力と香港基本法への挑戦は決して許されないことが強調されました。

 

香港法人を利用して中国で脱税、マネーロンダリングするような方は本ブログの読者にはいないと信じておりますが、万が一そのような問い合わせがあった場合は即通報しますので予めご了承ください。

 

f:id:kaigaihoujin:20170612132930j:plain

 

個人投資家が得をする海外投資 その16 買えないものを買う

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

日本人が香港で購入できる保険商品が減る中にあって、したたかに買い増しされている方がおります。

普通の人が買えない商品を買うわけですので、法規制と審査基準を相当に調べ上げるだけでなく、人間関係も駆使しなければなりません。

 

それだけの労力を払う必要があるかどうかは、頻りに強引な営業がなされる東南アジア不動産投資やオフショア私募債投資の運用パフォーマンスに対して、統計を取ってみれば自ずと分かることです。

 

詳しく知りたい方は、問い合わせることは情報料を支払うことだと十分理解いただいた上で、メールよりお問い合せください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20170521135154j:plain

香港に台風が上陸するようです

6月12日夜から13日朝にかけて、香港に台風が上陸するようです。

交通機関、金融機関、政府機関ともに、影響が出る可能性がございますので、口座開設や金融商品購入等で渡航計画のある方は、相手方の営業状況を事前に確認されてください。

また、老朽化した看板の多い路地を通る際は、頭上からの落下物にはくれぐれも注意してください。

 

f:id:kaigaihoujin:20170612132420j:plain

オフショア日本法人?!

オフショア法人と聞くとタックスヘイブンにあるケイマン法人やBVI法人、最近ではセーシェル法人をイメージされる方が多いと思いますが、特定の法域と組み合わせることで、結果的に日本法人もオフショア法人のような使い方が可能となります。

 

が、世の中にはそう都合のいいことはございません。条件制限や副作用は当然ございます。また、法整備途中のボーナスステージのようなものですので、数年は大丈夫でも十年スパーンで考えれば安定性も高いわけではありません。

それを補って余りあるメリットがあるかとうかはお客さまの判断となります。敢えて書いているわけですので、多くの方がそれなりのメリットを享受できると考えてはおりますが。

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20170608101137j:plain

個人投資家が得をする海外投資 その15 

kaigaihoujin.hatenablog.com

 

今月に入り、保険会社の自主規制が進んだ結果、日本人がスムーズに購入できる数少ない良心的な商品のハードルがまた1つ上がりました。

個人口座ではなく、香港法人やオフショア法人の香港口座を活用してうまく切り抜ける余地はありますが、従来よりも時間と費用が必要になることは避けられません。

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

いっそのこと香港ではなく、オフショア法域の保険商品を購入するというのも一つの考え方ですが、それはそれで別のハードルが出てきます。

資金に余裕があれば、香港へ渡航して急いで買えるだけ買うというのが多くの方にとって、現実的なアプローチになると思います。

 

f:id:kaigaihoujin:20170521140600j:plain

オフショア人民元がオンショアに帰るとき

www.bloomberg.co.jp

人民元の国際化が為替にどのような影響を与えるか、いろいろ面白くなりそうです。

 

f:id:kaigaihoujin:20170521135209j:plain

マカオ法人とカジノ その11 移住先としてのマカオ

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

マカオの永住権取得が不可能になってから久しくたちます。永住権がない居住者は、教育や医療上の福祉を受けられません。

これが一つデメリットであることは間違いありません。しかしながら、これはマカオ移住にメリットがないことを意味するわけでは決してありません。

 

マカオ移住のメリットは大きく3つあります。

1つはカリブ海のオフショア法域・タックスヘイブンと異なり、マカオ法人を通してマカオ国内へ投資される際に、税制上の優遇を受けられることです。つまり法域をずらすテクニックで海外ビジネスを展開しながら、同時に国内でもビジネスを展開できるということです。

2つ目は、香港を含めた他法域への地理的なアクセスの良さです。地理的な近さは、日常業務の中で、また日常生活の中で極めて重要です。

3つ目は、記事のタイトルのとおり、さまざまな局面で、カジノの活用空間が大きいことが挙げられます。

 

無論、それなりに資産がないと厳しいですが、丁寧に戦略を立ててマカオへ移住すれば、医療費・教育費程度の金銭はすぐに回収できます。そもそも、こういった社会福祉が無料である国のほうが珍しいですので、最初からそれ目当てに移住するというのは、優先順位付け、あるいは海外移住そのものを見直したほうがいいのかもしれません。

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20170515153726j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング