海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

スイスでの口座開設をサポートします

国際ルールへの適合と、業界再編が一段落したスイスの銀行業界。

依然として世間から離れた場所で、神秘主義的なサービスを展開する姿勢が主流な中、

積極的に非居住者サービスの裾野を広げようとする銀行も現れております。

 

1.完全リモートでの口座開設審査

2.操作性の高いインターネットバンキング

3.マルチカレンシー口座

4.各種クレジットカード

5.世界中の株式・債券市場へのアクセス

6.スイス特有のファンドへのアクセス

 

海外口座利用者が求める機能を、グローバル水準で、総合的に取り揃えております。

 

これまで初見の方には提案してこなかったスイス口座ですが、

銀行からの要望により、弊社で本人確認が済んで、

500万円相当の資産証明をご提示いただいた方については、

原則口座開設の申請を受け付けてもらえることになりました。

 

お手頃な価格で一流の金融サービスに触れられる

なかなか無い機会ですので、

興味のある方は一度メールよりお問い合わせいただければと思います。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

個人口座と法人口座のいずれも対応いたします。

 

f:id:kaigaihoujin:20210402172535j:plain

実は最強?!中国のオフショア銀行サービス その3

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

日系中堅メーカーの中国(大陸)でのオフショア口座開設を一件サポートしました。

オンショアからオフショアへ資金を移転させるためではなく、

中国オフショアでしか販売されていない金融商品へ投資するためです。

 

中国だから危ないかもしれないという観念が先行する方には無縁の話ですが、

欧米の機関投資家やヘッジファンドが大国の信用の元で行なう長期投資に便乗できる

ことを機会だと捉える方にとっては、有益な情報になるかもしれません。

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20210402140407j:plain

日本からスムーズに海外送金するには その8

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

老舗の銀行振込決済サービスについてご案内させていただいたところ、

外資系フィンテック企業が提供する日本円アカウントサービスと何が異なるのか、

いくつか問い合わせをいただきました。

 

利用者の視点に立てば、次のような違いがございます。

 

制約:日系老舗決済サービスは取引相手や取引金額の制限が少ない

費用:外資系フィンテック企業が安い

操作:語学力次第

信用:日系老舗決済サービスが断然高い

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20210402133206j:plain

アフターコロナの海外移住

アフターコロナを見据えてか、この頃海外移住についての問い合わせが増えております。

 

弊社は主に以下の国と地域にて、

一般向けに海外移住サポートサービスを展開しております。

 

西欧:イギリス、フランス、スイス、ポルトガル

東欧:ブルガリア、ジョージア

北米:アメリカ、カナダ

アジア:シンガポール、マレーシア、香港、オーストラリア

 

弊社サービスの特色は、単なるビザ取得の事務代行ではなく、

ビザを取得しやすくするために海外法人を活用できないか、

移住によって投資と節税の効果をどうすれば最大化できるか、

希望者様と一緒に考えるところにあります。

 

外で事業を切り開いていく方も、戦略的に出戻りする予定の方も、

新しい環境で人生の長い時間を過ごすことになります。

ビザが取得できるかどうかだけではなく、

お金と健康と家庭を総合的にマネジメントできるかどうかで、

海外生活の幸せ度が大きく変わります。

 

おせっかいではありますが、弊社ではそういったことについても情報提供し、

希望者様の幸せ度をあげられる海外移住のやり方を、一緒に考えるようにしています。

 

f:id:kaigaihoujin:20210408221853j:plain

【売却案件】イギリス法人 UK00002021

ameblo.jp

 

今年最初の公開案件になります。


法人登記国:イギリス
設立年月:2018年2月
法人状況:活動中

銀行口座: ①イギリス、②香港
口座目的: アジア顧客向けのコンサルティング事業にまつわる取引に利用
決算状況: N/A
売却価格: 相場を形成するほどのサンプル数がないため個別協議
維持費用: 相場どおり
売却理由: 事業撤退

コメント:
イギリス国内と香港に銀行口座を持つ貴重なセットです。

欧州、アジア双方で事業や投資をされたい方に最適です。
この機会をお見逃しなく!!

興味のある方はお早めに、メールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20210402131255j:plain

香港の大手銀行にて、個人口座のリモート開設が可能に その2

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

サポート費用について、

法人ほど複雑な手続きを要しないため、相対的に安く設定させていただきました。

しかしながら、

渡航を必要としない分、本人確認を書面で行う必要があり、その分の費用が実費で

発生します。(ホテル代や航空券代は節約できます)

 

口座の機能について、

マルチカレンシー、インターネットバンキング、ATMカードの基本セットは

口座の種類を問わず、装備されています。

 

口座の使い道について、

海外送金のハブ口座としてお使いいただけます。

銀行口座内に投資口座を開設すれば、

香港株取引やファンド投資を行なうこともできます。

香港以外のマーケットに、手数料を抑えつつアクセスされたい方は、

別に証券口座開設もサポートさせていただきます。

非居住者のため、住宅ローンの申請は不可です。

 

クリーンな国際ルールが整備されてからの口座開設ですので、普通に利用していて、

いきなり口座閉鎖されたり、送金を止められたりすることもありません。

 

海外口座受難の時代が終わり、

安心で、便利に利用できる時代になりました。

 

f:id:kaigaihoujin:20210405204611j:plain

香港の大手銀行にて、個人口座のリモート開設が可能に

海外法人サポートセンターは、海外法人口座開設サポートをメインとしておりますが、

その過程で築いたネットワークを通して、この度、香港の大手銀行にて、

個人口座のリモート開設をサポートできることになりました。

 

シンガポール系1社、中国系1社で、提供するサービスは、

HSBC香港やハンセン銀行と同等です。

 

英語のハードルは緩めで、一定額の取引が継続できそうな方なら、

口座開設時の投資商品購入も不要です。投資セミナーへの勧誘などもございません。

 

手続きに必要な期間は2週間から3週間となります。

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20210405203540j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング