海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

口座『開設』する時代から、口座『創出』する時代へ

中小企業や個人事業主・個人投資家の方にとって、

これまでは、海外法人を設立したあと、

どこかの銀行で口座を開設するのが主流でした。

 

しかしこれからは、銀行口座を『開設』するだけでなく、

銀行口座と同等かそれ以上の機能を、

自ら『創出』するのが主流になっていきます。

 

そのキーワードになるのが、フィンテックサービスの発展です。

 

資金移動サービス、仮想通貨取引、FX取引、ネット保険、

ネットローン、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなど、

日本国内だけで見ても、利便性が高く、安心感もあるサービスが

数多く立ち上がっています。

 

そして海外に目を向ければ、嘘だと思えるほど条件がよいサービスが、

数え切れないほど存在します。

 

銀行が担ってきた数多くの金融機能を、

IT技術を駆使したフィンテックサービスが担えるようになったと言えます。

 つまりこれは、数あるフィンテックサービスのいいとこ取りをすることで、

単なる銀行口座以上にメリットを享受できる口座機能を創出できることを意味します。

 

極端な話、海外銀行と日本銀行と難交渉を重ねてなんとかビジネスを回さなくとも、

たとえば、仮想通貨でクラウドファンディングし、取引所で法定通貨に換金し、

資金移動サービスを経由して取引先に支払いをして、売上もそこで回収し、

そして利益が増えれば、資産運用をソーシャルレンディングで行なって、

節税にはネット保険を活用する、というように、すべてのオペレーションを

フィンテックサービスで完結させることが、可能になりつつあります。

 

一方で、オプションが増えて便利になった分、取捨選択が大事になります。

ですので、これから海外法人を検討される方は、

大きな未来図を広げたり、あれもこれもと欲張らなくとも、

オプションは存分にあるという前提で、

  • 海外法人を利用するそもそもの目的は何か 
  • その目的に合う必要最低限の金融機能は何か

この2つをまずは、 具体的にイメージしてください。

 

そしてその上で、

弊社のような専門家から情報と意見を受けながら、最短で動き出してください。

 

海外の事業環境とフィンテックサービスは、目まぐるしく変化します。

海外でひとつ銀行口座を作れば、だいたい事足りるという意識ではなく、

変化に合わせて、法人も口座もギアチェンジしていく意識を持ち、

行動もともなう方が、次の時代の勝者になります。

 

海外法人サポートセンターでは、

お客様の海外事業と資産管理インフラを一緒に創っていくことを意識して、

サービスを強化して参りました。

 

力になりますので、第一歩を踏み出したい方はメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20201122185718j:plain

申し込みフォームを設定しない理由 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回のつづき⇒

 

前回、弊社が申し込みフォームを設定しない理由を、セキュリティの観点から書きました。今回は、サービスの質の観点から書きたいと思います。

 

申し込みフォームがあるということは、業務が平準化されて効率的というよい側面もありますが、裏返せばサービスの内容が画一的だと言えます。

 

海外法人の利用目的も、事業内容も、資産規模も、節税や投資に関する考え方も、

さらに言えば人生のステージも、お客様によって様々です。

一見、似通っているように見えるオフショアの法規や業務フローや得意分野も

政府や金融サービスによって様々です。

 

お客様が入力した情報に基づいて機械的に最低限の仕事だけを最低価格で行い、

後からアンマッチやトラブルがあれば機械的にお客様に責任を押し付けるという

のでは、長い目で見て誰も幸せになりません。

 

ありきたりな表現ですが、長くこの仕事をやればやるほど、

  • お客さんのニーズに応えられるサービスをつくること
  • お客さんにとって本当に大切なことを伝えること

こうした基本を、日々のオペレーションに落とし込むことの

難しさと大切さを感じます。

 

もちろん、多くの方が一定の効果が得られるバランスのいいメジャーないくつか選択肢や定石があり、弊社のサービスにおいても、それらをカバーしております。

しかしながら、情報と資産の守秘という、非常に個人的で、繊細なサービスを提供する原則に立ち返れば、

興味本位の方や、初見の方が含まれていたとしても、一度、状況や将来像をうかがった上で、スキームを提案するというのが、あるべき形だと考えています。

 

f:id:kaigaihoujin:20201122125952j:plain

アジアとヨーロッパをつなぐフィンテックサービス

このたび、海外法人サポートセンターでは、

以下の海外法人を設立いただいた方に対して、

フィンテックサービスの法人アカウント開設サポートを開始することになりました。

  • BVI法人
  • 香港法人
  • シンガポール法人
  • ニュージーランド法人
  • オランダ法人
  • アイルランド法人
  • エストニア法人

インターネットバンキングとデビットカードを通して、

大きすぎない金額をアジアと欧州で出入金する、という機能を取り上げれば、

大手グローバル銀行のサービスとくらべて遜色ないどころか、

手数料が安く、審査も早いため、断然に使いやすいです。

(ハイリスクビジネスでの利用は不可です)

 

コロナによるロックダウンで銀行口座が開設できない方や、

銀行口座はあるけれど、サブでもう一つアカウントを持っておきたい方、

頻繁にアジアとヨーロッパで少額の送金が必要な方にとって、

非常にいい選択になると思います。

 

このアカウント開設サポートサービスは、

弊社を通して、法人設立いただいた方へのみ提供させていただきます。

 

興味のある方は、メールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20201122124939j:plain

日本法人名義での海外証券口座開設

日本で事業をされている方で、

為替ヘッジと余剰資金運用のために海外口座を開設したいけれど、

海外法人を設立して管理するほど労力をかけたくない方に朗報です。

 

このたび、弊社が提携するオフショアサービスにて、

日本法人名義のまま、銀行口座と証券口座を開設できることになりました。

渡航なしで審査を受けることもできます。

 

日本法人名義ゆえ、節税のキャパシティは海外法人に比べて劣ってしまいますが、

日本国内の金融機関を通して外貨取引や海外株投資するのに比べて、

手数料が圧倒的に安く、すばやく多様な金融商品にアクセスできるという

海外投資ならではのメリットを、享受することができます。

 

興味のある方は、メールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20201121154240j:plain

申し込みフォームを設定しない理由

弊社のブログにたどり着く前に、他の業者のウェブサイトを通して情報収集された方は少なくないはずです。

 

そして、多くの方は、申し込みフォームに情報を入力して、カード決済すれば、

すぐにオフショア法人を設立できるようにウェブサイトが設計されていることが

多いと気づくはずです。

 

顧客サイドから見ると、余計なやり取りをせずに、価格比較だけして、手軽に申し込めるメリットがあります。

そして、業者サイドから見ても、集客自動化でコストダウンが図れるだけでなく、データを元にしたマーケティング活動もできるため、一見、よくできた仕組みに思えます。

 

ところが、ここに大きな落とし穴があります。

顧客の情報と資産を守秘する性質のサービスを提供しているにもかかわらず、

便利で売上が上がりやすいからという理由だけで

その大切なデータが整理された形で、大したセキュリティ対策もほどこされずに、

誰でもすぐに見つけられるところに置かれているのです。

 

こういった、ウェブサイトの申し込みフォーム(オンライン決済を含む)経由での情報漏えいは、日本市場以外で実際に何度も起きていることです。

幸いにして、IT投資が遅れている日本ではこのような形で情報漏えいの話はあまり聞きませんが、

海外業者のほうが専門性が高く、値段も安くて仕事も早いと、安易に考えてしまうと、

大きな代償を支払うリスクが上がってしまいます。

 

もちろん、弊社は、本ブログに申し込みフォームを設定しておりません。

 

最初は手間がかかったとしても、

メールよりお客様の状況を伺い、

コミュニケーションの中で暫定提案をさせていただいて、

お互い信用に足ると思えた方に対してのみ、

サービスを提供させていただいております。

 

このような方針に理解を示していただける方は、こちらよりご連絡ください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20201111123155j:plain

プエルトリコでの口座開設 その3

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回のつづき⇒

 

プエルトリコのオフショア口座が、インフラと業務手順の成熟により、

利便性を大いに向上させたと前回書きましたが、

それはプエルトリコの自己努力によるだけではなく、

他のオフショア法域が利便性を損なう中で、

相対的に優位性を築きつつあるという側面もございます。

 

多額の制裁を恐れて、大口顧客の流出を防止できずにいる西欧のプライベートバンク、そして、国際的なCRS(共通報告基準)とアメリカのFACTA(外国口座税務コンプライアンス法)とコルレス契約問題に追われて、顧客に膨大な事務負担をかけているカリブ海やアフリカのオフショア銀行を横目に、

 

プエルトリコのオフショア銀行は、顧客を増やしつつ、外部環境に対応しつつ、

そしてサービスも向上しつつある、いいサイクルの最中にあります。

 

 

初めての方だけでなく、これまで他のオフショア銀行とのやり取りでストレスを感じていた方にもぜひお試しいただきたいと思います。

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20201111115920j:plain

プエルトリコでの口座開設 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回のつづき⇒

 

前回の記事から3年あまり時間が経ちました。

 

当時はまだまだ発展途上だった、

プエルトリコのオフショア銀行業界は、この3年弱の間に、

各種審査基準、送金インフラ、そして投資インフラの整備が進み、

安価なコスト体系を維持しながら、利便性を大いに向上させてきました。

 

アメリカ国内との取引を除いて、

他のオフショア法域やオンショア金融センターと関係する節税スキームも、

定石ができつつあります。

 

使い勝手がよくなり、使い方の幅も広がっております。

 

匿名性が高く、どんな国の法人であっても、比較的容易に、

郵送だけで個人口座も法人口座も開設できることだけが取り柄だった昔とは違って、

実業、投資、節税のいずれの視点からも、口座開設を推奨できる法域となりました。

  

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20201109125823j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング