海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

【売却案件】セーシェル法人 SE00012021

ameblo.jp

 

今年2件目の公開案件になります。


法人登記国:セーシェル
設立年月:2015年9月
法人状況:活動中

銀行口座: プエルトリコ
口座目的: 板金小物貿易および株式投資
決算状況: N/A
売却価格: 非常に割安
維持費用: 相場どおり
売却理由: 利用頻度低下

コメント:
プエルトリコに法人口座を持つ、実業と投資の双方に活用できるオフショアパッケージです。

法人の歴史も古く、信用があります。

現オーナーはほぼ登記変更にまつわる実費のみでの譲渡を考えており、

非常に割安な価格設定となっております。

 

この機会をお見逃しなく!!

興味のある方はお早めに、メールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20210109203023j:plain

 

スイスでの口座開設をサポートします その3

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き→

 

一般向けになかばテストサービスとして始めたスイスでの口座開設サポートですが、

ご好評につき、レギュラーサービスとして継続することを決定いたしました。

 

秘密口座やマネーロンダリングのイメージが世間に未だに残るスイスですが、

過去10年に渡る国際基準の導入とプライベートバンクの統廃合によって、

実態は大きく変わっております。

 

本行は、節税よりも投資、

それも、専門家の情報と知恵を借りながら、積極的に自分で

海外投資に取り組んでいきたい方にとって、最適な環境が整っております。

 

ある程度資産形成ができて、これから運用で安定的に増やしていく、

というステージの方にピッタリです。 

個人口座と法人口座のいずれも対応いたします。

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20210530214225j:plain

スイスでの口座開設をサポートします その2

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

問い合わせが増えておりますので、よくある質問についてこの場を借りて回答させていただきます。

 

Q:口座開設するのに渡航は必要ですか?

A:必要ございません。

 

Q:口座開設するのにどんな書類が必要ですか?

A:国際的にKYC(本人確認)とAML(反マネロン)のために求められる書類、つまり

  身分証明、住所証明、原資証明、事業証明などにあたるものが必要になります。

 

Q:英語が話せない場合はどうすればいいですか?

A:簡単な面接時は、お渡しする対策用の台本を繰り返し練習してください。

  日頃の操作時は、無料の翻訳サイトを調べるだけと解消できることが殆どです。

 

Q:ペイオフはありますか?

A:はい、10万スイスフラン(1200万円前後)の預金が守られます。

 

Q:最低預金額はいくらですか?

A:5千スイスフラン(60万円前後)になります。他行よりも非常に少ない金額です。

 

Q:口座維持費はいくらですか?

A:口座残高に関わらず、毎月3千円程度になります。他行よりも非常に安い金額です。

 

Q:日本から日本円送金できますか?

A:可能です。世界中から主要通貨にて、マルチカレンシー口座へ送金できます。

 

Q:どんなカードを発行してもらえますか?

A:デビットカードとクレジットカードのいずれも発行できます。

  個人名義も法人名義も可能で、ブランドは、VISA、マスター、銀聯から選べます。

  グレードによってサービス内容が異なり、年会費は無料から3万円前後です。

 

Q:口座開設してから、日本の株式を購入することはできますか?

A:可能です。世界の主な証券取引所で上場する株式を購入することができます。

  また、FX、債券、金融派生商品への投資も可能です。

 

Q:資産運用のアドバイスを受けられますか?

A:受けられます。汎用性の高いポートフォリオを応用することもできますし、

  専門知識の豊富なアドバイザーから、お客様ひとりひとりに合った

  オーダーメイドのポートフォリオを提供してもらうこともできます。

 

Q:非居住者でも融資を受けることはできますか?

A:住宅ローンや事業資金借入は、他行同様、非居住者へは提供しておりません。

  投資における信用取引(貸借取引)や、貿易における信用状・保証状発行、

  および、クレジットカードの与信枠といった、

  広義のファイナンスサービスを受けることができます。

 

Q:どれくらいの期間、口座を操作しないと、口座凍結になりますか?

A:1年の間に一度も利用がなければ、口座が休眠口座となり、

  次回利用時に、郵送での再開手続が必要になります。

  スイスのプライベートバンクは、国際金融センターの商業銀行と異なり、

  利用が少ないことを理由に、急に口座凍結や口座閉鎖を行うことはありません。

 

参考になればと思います。他に何か質問がございましたら、

メールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20210501132957j:plain

面談の価格 その5 目先の利便性と安心感の代償

kaigaihoujin.hatenablog.com

 

 この頃、無料面談を要望される方が増えておりますので、少し古い記事をあげさせていただきます。

 

まず「無料」という部分について、本ブログのコンテンツはすべて無料ですが、それ以上の情報提供はすべて有料と理解されてください。海外法人サポートセンターでは、基本サービスは相場より割安で、個別サービスはお客様と共栄の元に、価格を設定させていただいております。

 

次に「面談」という部分について、お客様の情報と資産を第三者の不要な介入から守るサービスを提供している以上、オンライン・オフライン問わず、一切受け付けておりません。あるかどうかも分からない、いくらかの新規売上のために、今まで信用して付き合いを続けていただいているお客様の情報と資産をリスクに晒すことはできません。

 

無料面談を通して、売り手のサービス内容や実態を見極めるのは、一見よい習慣に思えます。しかし、それは買い手がすでに信用に足る存在であって、売り手に信用がない可能性がある場合にしか通用しないことです。

サービスを長きにわたり安定提供している業者と、降って湧いた人に言えないような内容の問い合わせ、どちらに信用があるのか一目瞭然です。

目先の利便性と安心感にとらわれて失敗する方が、少しでも減ることを願っております。

 

f:id:kaigaihoujin:20210213223408j:plain

スイスでの口座開設をサポートします

国際ルールへの適合と、業界再編が一段落したスイスの銀行業界。

依然として世間から離れた場所で、神秘主義的なサービスを展開する姿勢が主流な中、

積極的に非居住者サービスの裾野を広げようとする銀行も現れております。

 

1.完全リモートでの口座開設審査

2.操作性の高いインターネットバンキング

3.マルチカレンシー口座

4.各種クレジットカード

5.世界中の株式・債券市場へのアクセス

6.スイス特有のファンドへのアクセス

 

海外口座利用者が求める機能を、グローバル水準で、総合的に取り揃えております。

 

これまで初見の方には提案してこなかったスイス口座ですが、

銀行からの要望により、弊社で本人確認が済んで、

500万円相当の資産証明をご提示いただいた方については、

原則口座開設の申請を受け付けてもらえることになりました。

 

お手頃な価格で一流の金融サービスに触れられる

なかなか無い機会ですので、

興味のある方は一度メールよりお問い合わせいただければと思います。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

個人口座と法人口座のいずれも対応いたします。

 

f:id:kaigaihoujin:20210402172535j:plain

実は最強?!中国のオフショア銀行サービス その3

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

日系中堅メーカーの中国(大陸)でのオフショア口座開設を一件サポートしました。

オンショアからオフショアへ資金を移転させるためではなく、

中国オフショアでしか販売されていない金融商品へ投資するためです。

 

中国だから危ないかもしれないという観念が先行する方には無縁の話ですが、

欧米の機関投資家やヘッジファンドが大国の信用の元で行なう長期投資に便乗できる

ことを機会だと捉える方にとっては、有益な情報になるかもしれません。

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20210402140407j:plain

日本からスムーズに海外送金するには その8

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

老舗の銀行振込決済サービスについてご案内させていただいたところ、

外資系フィンテック企業が提供する日本円アカウントサービスと何が異なるのか、

いくつか問い合わせをいただきました。

 

利用者の視点に立てば、次のような違いがございます。

 

制約:日系老舗決済サービスは取引相手や取引金額の制限が少ない

費用:外資系フィンテック企業が安い

操作:語学力次第

信用:日系老舗決済サービスが断然高い

 

詳しくはメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20210402133206j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング