海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

口座『開設』する時代から、口座『創出』する時代へ

中小企業や個人事業主・個人投資家の方にとって、 これまでは、海外法人を設立したあと、 どこかの銀行で口座を開設するのが主流でした。 しかしこれからは、銀行口座を『開設』するだけでなく、 銀行口座と同等かそれ以上の機能を、 自ら『創出』するのが主…

申し込みフォームを設定しない理由 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 前回、弊社が申し込みフォームを設定しない理由を、セキュリティの観点から書きました。今回は、サービスの質の観点から書きたいと思います。 申し込みフォームがあるということは、業務が平準化されて効率的とい…

アジアとヨーロッパをつなぐフィンテックサービス

このたび、海外法人サポートセンターでは、 以下の海外法人を設立いただいた方に対して、 フィンテックサービスの法人アカウント開設サポートを開始することになりました。 BVI法人 香港法人 シンガポール法人 ニュージーランド法人 オランダ法人 アイルラン…

日本法人名義での海外証券口座開設

日本で事業をされている方で、 為替ヘッジと余剰資金運用のために海外口座を開設したいけれど、 海外法人を設立して管理するほど労力をかけたくない方に朗報です。 このたび、弊社が提携するオフショアサービスにて、 日本法人名義のまま、銀行口座と証券口…

申し込みフォームを設定しない理由

弊社のブログにたどり着く前に、他の業者のウェブサイトを通して情報収集された方は少なくないはずです。 そして、多くの方は、申し込みフォームに情報を入力して、カード決済すれば、 すぐにオフショア法人を設立できるようにウェブサイトが設計されている…

プエルトリコでの口座開設 その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ プエルトリコのオフショア口座が、インフラと業務手順の成熟により、 利便性を大いに向上させたと前回書きましたが、 それはプエルトリコの自己努力によるだけではなく、 他のオフショア法域が利便性を損なう中で…

プエルトリコでの口座開設 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 前回の記事から3年あまり時間が経ちました。 当時はまだまだ発展途上だった、 プエルトリコのオフショア銀行業界は、この3年弱の間に、 各種審査基準、送金インフラ、そして投資インフラの整備が進み、 安価なコ…

海外債権回収代行・ファクタリングサービスを開始します。その4

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 海外債権の回収において最も重要なのが、お金の流れの調査です。 いくら契約の妥当性や法的措置の手続きを調べたところで、 お金が返ってくる保証はありません。 仮に回収できても、ごく一部を、長い年月をかけて…

日本からスムーズに海外送金するには その6

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 100万円以上の、企業の継続取引レベルの海外送金が必要な場合は、海外取引に強い会社に、商流に入ってもらうことが有効です。 具体的には2つのパターンがあります。 1つ目は、海外取引を長く行なっている同…

日本からスムーズに海外送金するには その5

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 資金移動業者とは、銀行等以外の者で、100万円に相当する額以下の為替取引を業として営む者を指します。 都市部を中心に実店舗を構えている業者に加えて、インターネット専業でアカウント(+カード)でサービスを…

海外法人の閉鎖手続は超重要です。その7

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ コロナ不況の影響で、日本市場向けの海外法人設立業者の中で、いくつか廃業するところが出ております。 これまでにも何度も書いてきたことですが、日本市場向けの業者の多くは、専門性のない単なる仲介者にすぎませ…

【東欧】海外投資詐欺【ご注意ください】その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 前回の喚起から1年が経ち、弊社の知っている限りでも、 両手に収まるくらいの日本人向け投資案件が焦げ付いています。 あと2,3年すればその数は桁違いに増えるでしょう。 せっかく勇気を出して海外投資したの…

香港のオフショア法人口座一斉審査対応をサポートします

今月上旬から年内いっぱいにかけて、香港の某大手銀行において、オフショア法人口座に対して一斉審査が行われます。 2015年から2018年にかけて、HSBC香港に変わって、積極的に非居住者のオフショア法人口座開設を受け付けてきたため、多くの方が影響を受ける…

海外債権回収代行・ファクタリングサービスを開始します。その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き→ 海外債権回収で今ホットなのが、 数年前に香港で個人口座や法人口座を開設して、そこから他の国へ出資したけれど、 配当どころか元金も全損に近いレベルの投資案件です。 数十万円から数億円まで、金額はまちまちで…

コロナによる浄化作用、クリーンになる海外投資

新型コロナウイルスによる入国規制や渡航隔離措置は、 いまだ、多くの国際ビジネスに歯止めをかけたままです。 弊社のお客様の中にも苦しい思いをされている方が多いため、この状況をポジティブに捉えることにためらいもございますが、東南アジア諸国、そし…

海外債権回収代行・ファクタリングサービスを開始します。その2

kaigaihoujin.hatenablog.com →前回のつづき 海外の債権回収代行をサービスとして開始すると書かせていただいたのの、 実は毎年数件、お客様から個別に依頼を受けて、取り組んできた仕事でもあります。 海外法人・オフショア法人はもともとは資産を保全する…

海外債権回収代行・ファクタリングサービスを開始します。

10月に入り、2020年も残すところ、あと4分の1となりました。 この度、海外法人サポートセンターでは、 債権回収代行・ファクタリングを、新サービスとして開始することになりました。 これまで20年弱にわたって、業界でつちかってきた情報ネットワークと法…

楽をするための努力

楽をするためには、楽できる仕組みを作る努力が必要です。 海外法人でいえば、最初に作るときだけ、時間と資金を投入するも、 そこで息切れしてしまって、 メリットを享受する前にドロップアウトする方が少なく有りません。 海外法人も日本法人同様に、法人…

日本からスムーズに海外送金するには その4

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き→ これまで、銀行の顧客管理厳格化の背景と管理手法について説明してきました。これから、リスクが高い顧客に分類されてしまったがために、海外送金がしにくくなった場合にどうすればよいか説明します。 顧客クラスの…

【売却案件】セーシェル法人 SE00002020

ameblo.jp 久々に公開案件が出ました。本年3件目の案件になります。 法人登記国:セーシェル共和国(IBC)設立年月:2012年2月法人状況:活動中法人口座: ①マカオ②シンガポール(いずれもATMカード・インターネットバンキング有) 口座利用履歴: 20…

日本からスムーズに海外送金するには その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき→ 国際機関の審査対応のために、昨年の秋に、日本政府から金融機関へ、海外送金の管理強化の指示があったと前回書きました。 管理というだけでは曖昧ですので、端的に言えば顧客管理になります。 顧客管理の第一歩…

日本からスムーズに海外送金するには その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき→ 今回はなぜ日本国内から海外送金するのが急速に厳しくなったのかについて説明します。 一番大きな原因は、昨年10月に、世界各国の資金洗浄対策を審査する国際組織「金融活動作業部会(FATF)」が、日本の金融機関の…

日本からスムーズに海外送金するには その1

マネーロンダリング対策の大義名分のもと、 日本国内から海外への送金が日に日に厳しくなっております。 元々海外取引が多く、金融機関と関係の太い大企業は比較的マシですが、 それ以外の中小企業と個人による海外送金については、 送金理由を示す資料の提…

個人投資家が得をする海外投資 その21 香港IPOとナスダックIPO

ナスダック総合株価指数が過去最高値を更新し、初めて1万台に乗せたり、 アリババにつぐ中国オンライン小売2位のJD.comがナスダックに加えて、 香港でのダブル上場で4,000億円以上集めたりと、主要新興市場に熱気が戻っております。 www.nikkei.com www.blo…

パラダイス文書について その1

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 2016年のパナマ文書につづき、2017年にはパラダイス文書と呼ばれるタックス・ヘイヴン取引に関する1000万件以上の文書群が国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)によって公表されました。 内訳は以下のとおりです。…

ますます重要になる文書管理 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 情報登録と文書管理が強化されても、 オフショアの匿名性が脅かされることはないと前の記事で説明しました。 それどころか、情報登録と文書管理の強化によって むしろ逆に、情報と資産の守秘性があがって来ておりま…

【業務連絡】海外法人もロックダウン解除へ

5月に入ってから、世界的にロックダウンの解除が進められております。 弊社がサービスを提供するオフショア法域におきましても、 欧州の一部を除いて、法人登記も、銀行口座開設も、付随サービスも すでに平常どおり、稼働を再開しております。

【買収案件】オフショア法人 OF00012020

ameblo.jp 今年2件目の公開買収案件です。 法人登記国:不問(セーシェル、サモア、ベリーズ、BVI等の一般的なIBC)設立年月:3年以上法人状況:活動中(休眠期間ありも可) 法人口座:あり(法域不問、ATMカード・インターネットバンキング有)口座利用履歴:凍結や犯…

起業は必ず一点突破から

起業したばかりのころは、 安定して売上を確保することが何よりも大事なことを痛感し、 起業前におこなった市場調査や事業計画なんてそっちのけで、 単発で付加価値の低い仕事でも見境なく受注を頑張ってしまう方を見受けます。 頭ではこのままでは、時間ば…

固定費がかからないビジネスの罠

新たに起業するビジネスを選ぶ基準として、 次の4つがあげられることは有名な話です。 ①小さい資本で始められるか、 ②少ない在庫で始められるか ③利益率は高いか ④定期的な収益をもたらすか インターネットで調べれば、詳しくたくさん出てきます。 ここで注…

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング