海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

初めての方にオススメ

口座『開設』する時代から、口座『創出』する時代へ

中小企業や個人事業主・個人投資家の方にとって、 これまでは、海外法人を設立したあと、 どこかの銀行で口座を開設するのが主流でした。 しかしこれからは、銀行口座を『開設』するだけでなく、 銀行口座と同等かそれ以上の機能を、 自ら『創出』するのが主…

申し込みフォームを設定しない理由 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 前回、弊社が申し込みフォームを設定しない理由を、セキュリティの観点から書きました。今回は、サービスの質の観点から書きたいと思います。 申し込みフォームがあるということは、業務が平準化されて効率的とい…

日本からスムーズに海外送金するには その6

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 100万円以上の、企業の継続取引レベルの海外送金が必要な場合は、海外取引に強い会社に、商流に入ってもらうことが有効です。 具体的には2つのパターンがあります。 1つ目は、海外取引を長く行なっている同…

海外債権回収代行・ファクタリングサービスを開始します。その3

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き→ 海外債権回収で今ホットなのが、 数年前に香港で個人口座や法人口座を開設して、そこから他の国へ出資したけれど、 配当どころか元金も全損に近いレベルの投資案件です。 数十万円から数億円まで、金額はまちまちで…

海外債権回収代行・ファクタリングサービスを開始します。その2

kaigaihoujin.hatenablog.com →前回のつづき 海外の債権回収代行をサービスとして開始すると書かせていただいたのの、 実は毎年数件、お客様から個別に依頼を受けて、取り組んできた仕事でもあります。 海外法人・オフショア法人はもともとは資産を保全する…

海外債権回収代行・ファクタリングサービスを開始します。

10月に入り、2020年も残すところ、あと4分の1となりました。 この度、海外法人サポートセンターでは、 債権回収代行・ファクタリングを、新サービスとして開始することになりました。 これまで20年弱にわたって、業界でつちかってきた情報ネットワークと法…

楽をするための努力

楽をするためには、楽できる仕組みを作る努力が必要です。 海外法人でいえば、最初に作るときだけ、時間と資金を投入するも、 そこで息切れしてしまって、 メリットを享受する前にドロップアウトする方が少なく有りません。 海外法人も日本法人同様に、法人…

日本からスムーズに海外送金するには その1

マネーロンダリング対策の大義名分のもと、 日本国内から海外への送金が日に日に厳しくなっております。 元々海外取引が多く、金融機関と関係の太い大企業は比較的マシですが、 それ以外の中小企業と個人による海外送金については、 送金理由を示す資料の提…

ますます重要になる文書管理 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 情報登録と文書管理が強化されても、 オフショアの匿名性が脅かされることはないと前の記事で説明しました。 それどころか、情報登録と文書管理の強化によって むしろ逆に、情報と資産の守秘性があがって来ておりま…

起業は必ず一点突破から

起業したばかりのころは、 安定して売上を確保することが何よりも大事なことを痛感し、 起業前におこなった市場調査や事業計画なんてそっちのけで、 単発で付加価値の低い仕事でも見境なく受注を頑張ってしまう方を見受けます。 頭ではこのままでは、時間ば…

固定費がかからないビジネスの罠

新たに起業するビジネスを選ぶ基準として、 次の4つがあげられることは有名な話です。 ①小さい資本で始められるか、 ②少ない在庫で始められるか ③利益率は高いか ④定期的な収益をもたらすか インターネットで調べれば、詳しくたくさん出てきます。 ここで注…

海外ノマド必見:海外法人を設立する前にチェックすべき3つのポイント

弊社のお客様でも増えている海外ノマド、 リスクを取って自分の人生を掴もうとしている方が 遠回りしないように応援したいので、 海外法人を設立する前にチェックすべき3つのポイントをまとめました。 ①都合よく租税回避できると考えていないか 節税はたし…

キャピタルゲイン益金不算入とキャピタルロス損金不算入

世界的な金融プラットフォームのある法域では、 しばしば投資収益を課税対象外とする法制度を取っています。 株式の配当、キャピタル・ゲイン(投機でないもの)、 認可銀行の預金の利子分に税金がかからず、 俗にキャピタルゲイン非課税と呼ばれています。 …

海外法人の閉鎖手続は超重要です。その8ー海外法人と海外口座を作る前に考えておくべきこと

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 最初は投資なり、実業なり、節税なり、使いみちを想定して 海外法人と海外口座を作ったはずが、 思惑どおりに事が運ばず、数年もしないうちに、 審査書類作成の手間と毎年の固定費だけかかるお荷物に 成り下がって…

快諾する業者にご注意を! その2

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 海外法人設立や海外口座開設をほとんど匿名で容易にできると謳うだけでなく、日本に居住しつつタックスヘイブン対策税制を簡単に回避できると謳うタックスプロモーターも、残念ながらまだまだおります。 法的にアウ…

レンタル住所の格付け②

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ レンタル住所の立地は重要です。 実業を行う場合、海外であっても、ビジネスに優位になるように場所を考えるべきです。たとえば、ブランディングや交通の利便性が重要な業種は一等地のサービスオフィスを、敷地面積…

レンタル住所の格付け①

東京(日本)を含め、世界の金融センターでは、様々なレンタル住所サービスが提供されていますが、大きくは以下の2つの系統にわかれています。 ①法人登記に郵便転送がついたバーチャルオフィス系 実際にそこで業務しないことを想定したサービスで、電話やメ…

快諾する業者にご注意を!

新年明けましておめでとうございます。 オフショア法人業界において、銀行口座の開設のみならず、法人設立にも、希望者の個人情報開示と信用状態が厳しく問われる傾向にあると、昨年、一昨年と繰り返し書いてきました。 しかしながら、そんな中でも、格安で…

投資と節税は表裏一体

投資と節税は資産保全の文脈で、表裏一体の関係にあります。 節税による経済的・時間的な効果を投資に回すことで投資収益を増幅させ、 増幅された経済的・時間的な効果を節税に回すことで節税費用を相殺させ、 それを繰り返すことで、大きな環境変化にも耐え…

個人投資家が得をする海外投資 その18 そのIFA、まだ連絡がつきますか?

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 前回、IFA(Independent Financial Adviser)の継続的なサポートか、一定以上の投資経験がない限り、海外積立で安定して資産形成するのは難しいとを書きました。 たしかに毎月、あるいは毎年積立だけして、後は何も…

【東欧】海外投資詐欺【ご注意ください】

海外投資初心者を狙った新たな詐欺が横行しています。 ジョージア、ラトビア、エストニアといった東欧諸国において、IT産業発展と金融自由化はめざましく、昨年より、それに託けた海外口座開設、海外積立保険購入、海外直接投資詐欺が増加しております。 税…

海外法人活用例 その6 香港法人を活用した飲食チェーンビジネス

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回のつづき⇒ 飲食チェーンの海外展開の第一歩として香港法人を活用することは以下の理由から最適です。 1.世界中の食が集まる香港で出店すること自体が、アジア人のみならず、欧米人へのブランディングになる 2.HSBC香港…

海外登記代理店の良し悪し

コストダウンを目的に海外の登記代理店に直接連絡される方もおられると思います。 しかしながら、メジャーな法域においては、流通が豊富であるゆえ、価格差がほとんど存在しません。一方、マイナーな法域においては、流通が限定されるゆえ、価格メリットはあ…

香港法人 その16 オフショア口座開設のススメ

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 香港法人を設立すると、香港で銀行口座を開設する、というのが一つの定石になりますが、国際ビジネスでの信用力と大きな節税効果を一つの器で手にしたい場合は、香港法人+オフショア銀行口座という選択肢が一考に値…

香港法人 その15 クリーンな金融センターへ

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 会社法と金融規制の改定、CRS実施から1年ほど経ち、香港はその成熟したインフラを維持しながら、透明度の高いクリーンな金融センターになりつつあります。 クリーンな金融センターでは、お金の出入りが精査・追跡…

慣れるまでは少額で

何ごとを始めるときも、まず初期投資を抑えて試行錯誤し、勝ちパターンが見えてから一気にリソースを投入するのが王道です。 海外法人においても同じで、始めて海外法人に触れられる方は、登記費用や口座開設費用、各種書類準備費用を含めて、初期投資を10…

面談の価格 その4

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 対面でコンサルティングサービスを無料で受けて、納得してから海外法人を設立したいという問い合わせが、この頃また増えてきました。 匿名性を守りたい、あるいは大きな資産を守るためのスキームを取得したいから問…

安定したサービスの提供へ - ①冬の時代の終焉

海外法人を使ったマネーロンダリングおよび脱税を阻止するために、オフショア国政と各種金融機関は、2017年から2018年にかけて、登記情報の管理強化、および口座開設・維持基準引き上げを段階的に行ってきました。 この間、業界全体として運用が安定…

海外法人転売の舞台裏 その10

kaigaihoujin.hatenablog.com 前回の続き⇒ 海外法人の売却、買収について、業界を取り巻く規制強化の流れに対応しつつ、買い手と売り手の双方が安心できる取引をサポートするために、この頃は、積極的に転売案件を公開しておりません。 そのかわりに、法人の…

KYCとは何か

海外法人設立や海外口座開設において、KYCというキーワードが登場して数年が経ちますが、世界的なマネーロンダリング防止の強化と、仮想通貨業界の勃興により、業界の標準業務プロセスとして定着し、世間的にも認知されるようになったのはここ1・2年の話で…

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング