海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

現金に強い海外銀行での個人口座開設サポート

いつまで続けられるか分かりませんが、シンガポールと香港にて、現金の取扱に強い銀行での個人口座開設をサポートします。

 

香港法人やシンガポール法人を通して、現地に居住して現金ビジネスをされている方が一番恩恵を受けられますが、非居住者や、個人投資家の方も口座の使い方を限定すれば、かなりのメリットがございます。

法人がない分管理が楽で維持コストも不要ですので、現金をたくさんお持ちで扱いに困っている方がおりましたら、一度ご相談ください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

繰り返しになりますが、いつまでこのサービスを提供し続けられるかは分かりませんので、必要がある方はお早めにお問い合わせください。

 

f:id:kaigaihoujin:20170612132935j:plain

 

大型ハリケーンがカリブ海のオフショア法域を直撃 その2

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

ハリケーン「イルマ」について、アメリカフロリダに与えた影響が予想より小さかった、各施設続々復旧中、という形でニュースが締めくくられ、世間から忘れ去られようとしておりますが、カリブ海のオフショア法域に残した深い傷跡がすぐに癒えることはありません。

 

緻密に、有機的に結合されたオフショア産業のバリューチェーンが完全に寸断された箇所もあり、特にBVIに関しては、お客さまには納期遅延で多大な迷惑をかけているところです。

 

目下のところ、お客さまのほうで追加の費用負担はございませんが、バリューチェーン全体の損害を弊社だけで吸収しきるのは不可能ですので、どこかのタイミングで売価に反映させていただくことになりそうです。

不可抗力の事由とはいえ、非常に残念です。

 

またオフショア産業の復興のみならず、そういった法域で実際に生活されている方の生活支援こそが各政府にとって最も緊急な課題ですので、その文脈からも印紙税/更新料の値上げが予測されます。

心ある方がおりましたら、ぜひとも理念と運営スタイルに共感できる団体を通してBVI初め各オフショア国への寄付をよろしくお願いします。

支援団体の紹介が必要な方はメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20170918132051j:plain

 

セーシェル法人 その6 

kaigaihoujin.hatenablog.com

前回の続き⇒

 

初心者でもとっつきやすく、バランスが非常に良かったセーシェル法人にも、法規制の浪が押し寄せてきました。

マネーロンダリング防止の大義名分の元、BVI法人やモーリシャス法人同様、特定の業種とスキームに対して、政府が管理を強めることになります。

まじめにセーシェル法人を経営されている方に影響はありませんが、こそこそとずるく匿名性を上げるやり方は沈静化に向かいます。

 

f:id:kaigaihoujin:20170917224828j:plain

大型ハリケーンがカリブ海のオフショア法域を直撃

www.bbc.com

 

50年ぶりとも100年ぶりとも言われる超巨大ハリケーンがカリブ海オフショア法域を直撃しました。空港や市街地が全壊した国・地域もあり、復旧までに膨大な時間を要すると思われます。

 

オフショア産業も事務所や社会インフラがあって初めてなりますので、英領ヴァージン諸島(BVI)、ケイマン諸島、バミューダ、ターコス・カイコス、アンギラといった法域に法人をお持ちの方のみならず、世界に広がる裾野産業全体が、コミュニケーション効率の低下、物流ストップといった影響を受けることになります。

 

f:id:kaigaihoujin:20170909225711j:plain

現金の取扱い方

法人であれ個人であれ、社会活動を維持するためには、現金が手元にある状態を維持しなければいけません。現金の流れのみが、社会活動を支えているといっても過言ではありません。

 

ですので、日常生活と日常業務の目まぐるしいなかにあっても、どのような立場の方であれ、現金の取り扱いについて真剣に考え、行動することが、経済的な豊かなを得るのにプラスに働きます。

 

会社経営者であれば、3種のキャッシュフローを通して自社の足元を確認し、サラリーマン投資家であれば年収と投資ポートフォリオと生活予備資金のバランスを見える化するだけでも、置かれている環境を客観視できるようになるため、いい意味で次にとるべき行動を絞り込むことができます。

 

ここまでの内容は、一般的な公認会計士やファイナンシャル・プランナーの方に相談頂ければ、一般論も個別解も得ることができます。

 

海外法人サポートセンターが主にサポートさせていただくのは、そこから先の部分になります。現金の収入額、原資、受領方法などをヒアリングさせていただいた上で、オフショア法人を活用してどのように資産保全するか、資産運用するか、ならびに、そもそも現金をどこにどうやって保管すべきか等、実行までサポートさせていただきます。

 

海外法人と聞くと租税回避や海外投資といったキーワードをすぐに連想される方がやはり多いですが、海外法人活用の本質はオペレーション戦略であり、そのコアは現金の取り扱いに関するノウハウなります。

タックス・ヘイブンの法律やオフショアの投資商品を正しく知っている供給者自体日本市場では片手で数える程度の状況にあって、知っているだけでは意味がないと利用者に伝えるのは酷な話ですが、実際に生兵法で大怪我される方も少なくありませんので、この場を借りて書かせていただきました。

 

気になる方はメールよりお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

 

f:id:kaigaihoujin:20170827203000j:plain

香港に巨大台風が上陸中です。

本日、香港に巨大台風が上陸しているようです。

交通機関、金融機関、政府機関ともに、影響が出る可能性がございますので、口座開設や金融商品購入等で渡航計画のある方は、相手方の営業状況を事前に確認されてください。

また、フライトのスケジュールが大幅に変更されることがありますので、前泊・後泊を想定した旅程を組まれることをおすすめします。

 

f:id:kaigaihoujin:20170823134513j:plain

優遇税制の適用には申告が必要です。

当たり前のことですが、優遇税制の適用を受けるには、その法域への税務申告を正しく行なうことが必要です。

 

優遇税制は平たく言いますと、ある法域が特定の産業を促進させるために、あるいは税制の不公平を是正するために、あるいは国際企業や優秀な人材や富裕層の誘致において競争力を上げるために、減税を行う制度のことです。

例えば一時期ニュースを賑わせていた関税に関するTPP、外国子会社益金不算入制度、タックスヘイブン対策税制、そして、オフショア法域の国際商業会社法自体もこれにあたります。

 

ここで留意しなければいけないのは、税務上の優遇措置は、その法域の目的達成と引き換えに受けられるということです。その法域の法規や利益を無視して、都合よくおいしいところだけ利用してやろうという気持ちでいると、早かれ遅かれ痛いしっぺ返しを喰らうことになります。

オフショアの世界も思いのほか、さまざまな要素が緻密に連動しあっているのです。

f:id:kaigaihoujin:20170521140601j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング