読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外法人サポートセンター

海外法人設立、法人口座開設、国際税務、海外送金、海外投資について

海外口座と相続問題 その3

相続税 海外法人活用法 国際税務

前回:海外口座と相続問題 その2 - 豊かになったその先にあるもの - 海外法人サポートセンター

の続き⇒

 

相続税案件は、アドバイザリー側にとって大型案件になるのはもちろんのこと、お客さん側にとってはまさに一世一代の大イベントです。

 

そのような大イベントに臨むにあたって、十分な準備期間が必要となります。ここでいう準備期間は数ヶ月~1年というスパーンではなく、3~5年のスパーンを指します。

もちろん、強引に数ヶ月~1年で決着をつけることもできますが、親族の中で犠牲を強いられる者がでたり、親族の人間関係がこじれたりする負の側面を緩和する余裕は一切なくなってしまいます。

 

海外法人を活用して真剣に相続税について取り組まれるなら、本音で相談できるアドバイザーを見つけ、プランのブラシアップを通して、3年前後は関係を積み上げた方が結果うまくいくと考えております。

 

f:id:kaigaihoujin:20160511143500j:plain

仕事のご依頼や個別相談をされたい方は、メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

kaigaihoujin.yamaguchi@gmail.com

オフショア投資ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング